昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「花の82年組」との交流、堀ちえみとの絆

 早見は82年度デビュー。同期は小泉今日子(54)、中森明菜(54)、松本伊代(54)、石川秀美(53)、堀ちえみ(53)、三田寛子(54)、シブがき隊らという空前のアイドルの当たり年。「花の82年組」と称され、同期の結束が固いことでも知られる。その中で、ハワイ育ちで英語が堪能な早見は独自の存在感を放った。96年に結婚、18歳と17歳の二女の母でもある。

早見優

 しかし82年組もすでに50代半ば。身体の不調と無縁ではいられない年代だ。中でも堀は昨年2月、舌がんを公表。今年1月の『徹子の部屋』でテレビ復帰を果たしたばかりだ。

「病気のことは、同じ建物で収録があった時に打ち明けられて……。『これから発表するから迷惑をかけるかもしれない』って逆にこちらを心配してくれました。

 手術後の昨年7月、芳村真理さん(84)を囲む会で、伊代ちゃんも交えて久々に会って、そこから定期的に会ってるんですけども、どんどん喋りもスムーズになってきています。毎日ちえみちゃんが頑張っていることを考えるとすごく勇気づけられます」

(左から)松本、堀、早見の82年組

 堀は、リハビリに励む傍ら、同期の健康を気にかけているという。

「『検診に行ってる?』『何か体調に少しでも変化があったら、病院を受診したほうがいいよ』と。今、ちえみちゃん、伊代ちゃん、寛子ちゃん、秀美ちゃんに芳村さんを含めたグループLINEをやってて、本当に励まされています。みんな同じ時代を歩んだ仲間。ちえみちゃんも『徹子の部屋』で『40周年に向けて頑張る』って言ってました。バランスの良い食事をして、運動して、睡眠とって。いつか同じステージに立てればいいなと」

 82年組はこれからもズンバっていくのである。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

2020年 エンタメ(女性)部門 BEST5

1位:Kōki,セミヌードの裏に……母・工藤静香“長女は写真家”アピールと、父・木村拓哉の影
https://bunshun.jp/articles/-/45018

2位:後藤真希の美貌がヤバい! 35歳になった“永遠のアイドル”は、なぜこんなにも輝き続けるのか
https://bunshun.jp/articles/-/45017

3位:安藤優子が「34年のフジ生放送生活」を終えて気づいた“押しつけがましさ”
https://bunshun.jp/articles/-/45016

4位:“自宅では水着で過ごす” 田中みな実が好かれる理由は「あざとさ」ではない
https://bunshun.jp/articles/-/45015

5位:“ダンス講師”になった早見優53歳 記者が訪ねると本人が出迎えてくれて……
https://bunshun.jp/articles/-/45014

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー