昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2人は同じマンションで別居

 100%株を持っていた飲食業のM社がマザーズ上場のコンサル会社G社に買収され、昨年7月には東京・青山で経営していた美容院がスタッフごと別の会社に引き継がれた。その後は自身のコンサル会社の事業も縮小し、渋谷区のレンタルオフィスに拠点を移している。

「A氏はG社の子会社の代表に就任しましたが、株を持たない“雇われ社長”。ほとんど出社せず、いまは自宅でネットを利用した新しいビジネスに取り組んでいるそうです」(A氏の知人)

 A氏が吉瀬と同じマンション内に別の部屋を借りるようになったのも同じ頃。1年近く前から夫婦は別居生活を送っていたようだ。

映画「シグナル」では刑事役を熱演(公式HPより)

 吉瀬は離婚理由については多くを語らず、〈話し合った結果、今後は別々の道を歩んでいく結論に至りました〉と綴るのみ。前出のA氏の父が言う。

「別にケンカしたとかトラブルがあったとかじゃない。(息子は)仕事の方も順調で借金もない。仲間が何人か失敗して離れてしまったけど、『俺は運がええけぇ、がんばっちょる』言うちょった。別れた理由はようわからんが、すごく仲良かったから、また戻るような気がせんでもないよね」

 A氏は今後も吉瀬と同じマンションを離れず、子供達の送り迎えを買って出ているという。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー