昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集文春マルシェ

大粒で艶やかで、煮汁の色まで美味しい「大粒栗の渋皮煮」

文春マルシェ「美味随筆」〜お取り寄せの愉しみ#18 大粒栗の渋皮煮〜

2021/05/02

丹精込めて炊き上げた完全手作り

 おそらくメーカーさんも面倒なわりに利益が少ないからやりたくないんだろうと思う。だからそんなに売っていないのだ。(と、勝手に予想している)

 ところが昨年ギョーカイをざわつかせた食の通販サイト「文春マルシェ」で渋皮煮が売っていることを発見してしまった。これを読んでいる皆さまはご存知であろう、自身もかなりの料理上手であり出版界きっての食の達人と、日本全国隅から隅まで歩き、美味しい物を見つけたらど根性で何が何でも口説き落とす伝説の食のバイヤーが立ち上げたのだから、ここで販売している商品すべてが只者ではないことを。

 これはもう食べてみなければ!ということで早速注文した私。

 到着したこの「大粒栗の渋皮煮」は本当に大粒で艶やかで、煮汁の色まで“美味しい”を物語っている。まずは箸で割って食べてみる。なるほど、しっとりとして中まで味がしみてとっても上品な甘さだ。説明書きには「契約農家さんとの取り決めで一度地面を掃除して、翌朝落ちていた新鮮な栗だけを収穫」とある。さらに砂糖と山の恵みのおいしい水と香りづけの醤油だけで味付けし、じっくりと丹精込めて炊き上げた完全手作りとも書いてある。

 

 そりゃ、美味しいわけだと、もうひと口。ただ手間暇かけているだけではない、食べる人の喜ぶ顔を想いながら作っているだろう懐かしい優しさに包まれるような味わいだ。あぁ、祖母の味にすごく近い。おかげで5粒ずつ小分けされているというのに、あっという間に2袋10粒がお腹に収まってしまった。

 ということで、“マイ黒革の手帖”に「大粒栗の渋皮煮」がめでたく保存されることとなり、栗のカテゴリーはコンプリート!!! 「文春マルシェ」を信じてよかった。

 おせちでいちばん好きなのは当然のごとく「栗きんとん」。これも実はまだコレ!というものに出逢ってないので、こちらで販売されるのを待つことにしよう。

INFORMATION

文春マルシェ 文藝春秋の公式お取り寄せ
https://shop.bunshun.jp/store/

文藝春秋が、その「取材力」「編集力」を発揮して、食の通販サイトを始めます。
生産者やシェフ、仲買人など食の世界のプロとコミュニケーションをとり、ときには商品開発にも関わり、産地や素材や鮮度、調理法にこだわった品々をすべて試食してセレクト。
「これってニュースだね!」と会話が弾むような、喜びと驚き、そしてとびきりの美味しさをお届けします。ぜひお立ち寄りください。

本エッセイに関連する商品

大粒栗の渋皮煮 2箱
大粒栗の渋皮煮 2箱

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春マルシェをフォロー