昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小泉進次郎環境相 “女帝秘書”の大臣公用車「不適切利用」写真

 小泉進次郎環境相(40)の公設第一秘書を務める干場香名女氏(57)が、環境省の大臣公用車を不適切に利用していることが「週刊文春」の取材でわかった。

 干場氏は三菱商事、ケンタッキー・フライドチキンの広報などを経て、2017年に小泉氏の秘書に転身した。小泉氏は「メディアを選別するような彼女の広報戦略を買ってきた」(自民党秘書)とされ、干場氏は2020年、公設第一秘書に就任した。

迷走する“ポエム大臣”

「次第に何でも『干場に聞いて』と言うほどまでに、彼女を信頼するようになりました。今では記者のみならず、若手議員が小泉氏とアポを取るにも、干場氏の許可が必要なほど。事務所内では、“女帝”として君臨しています」(政治部記者)

 その干場氏が公用車を不適切に利用していたのは、4月20日のことだ。午前11時50分、大臣公用車のトヨタ・アルファードが環境省から出発。永田町の第一議員会館へ到着したが、車寄せから降りてきたのは、小泉氏ではなく、干場氏のみだった。

 アルファードは一旦、誰も乗せずに環境省に戻ったが、午後1時45分に環境省を出発し、議員会館に到着。再び干場氏は公用車に単独で乗り、環境省の車寄せで降りるのだった。

4月20日、1人で降りて

 干場氏はこの日以外にも、大臣公用車の単独利用を重ねていた。

 だが、各省で公用車を単独で利用できるのは、政務三役や幹部官僚、大臣秘書官のみ。大臣であっても、政務には利用できない。まして、政務を担う公設秘書が単独で乗車することはそもそも想定すらされていないのだ。

 4月23日、干場氏に話を聞いた。