昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/03

genre : ライフ, グルメ,

5位 マ・メゾン(愛知)

5位「マ・メゾン」星ヶ丘本店 (名古屋市千種区) ©BUBBLE-B

 フランス語で「私の家」という意味を持つ、マ・メゾン。1981年に名古屋で創業し、今や名古屋のみならず海外にまでチェーン展開を行う洋食店だ。また、とんかつ店やあんかけスパなどの系列店があるのもマ・メゾンの特徴だろう。そんなマ・メゾンの1号店である星ヶ丘本店は住宅地にある一軒家といった佇まいで、まさに「私の家」そのものだ。

5位「マ・メゾン」の「大きな大きなハンバーグ ランチ」230g (1,450円) ©BUBBLE-B

 マ・メゾン創業以来の伝統の味、「大きな大きなハンバーグ」。たっぷりのデミグラスソースに浸かったハンバーグは、真ん中に半熟玉子がトッピングされている。

5位「マ・メゾン」。1ヶ月かけて作られるデミグラスソースと黄身との相性は最高 ©BUBBLE-B

 このデミグラスソースはマ・メゾンの肝いりで、何種類もの素材をじっくり煮込んで裏ごし器で漉すというのを何度も繰り返し、1ヶ月かけて作られるものだという。それだけに、他の店では味わったことのないほど深いコクとビターな味わいが絶品だ。

 驚くほど柔らかいハンバーグとデミグラスソースの組み合わせだけで昇天できるが、ここに半熟玉子の黄身とデミグラスソースがマリアージュすることで、これまでの人生で幸せだと感じた場面が走馬灯のように頭の中をかけめぐる。これはまさに、名古屋が生み出したミラクルだ。

5位「マ・メゾン」。お会計時に渡す、鍵 ©BUBBLE-B

 マ・メゾンが面白いのは、お会計の伝票代わりに鍵の形をした小物が使われるところ。これは、クロード・ルルーシュ監督の名作「男と女」にあるシーンが元ネタになっているのだとか? なんとも洒落ている。