昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「グレイヘアは『アリ』でも、悩みは尽きず……」白髪は自分で染めたい“自染め派”向けヘアカラートリートメントって!?

髪の“老け感スパイラル”を断ち切る、脱“白髪”アイテム!

2021/06/08

PR

多くの人にとって、白髪に関する悩みは尽きないだろう。そんな一人でもある美容ジャーナリスト齋藤薫氏が、真っ向から白髪問題と“自染め”について語る。また、頭皮の健康を追求し続けてきたアンファーから、リニューアルしたばかりの「スカルプD ボーテ ヘアカラーシリーズ」をご紹介。コロナ禍でホームケア需要が高まるなか、髪と頭皮をいたわり、ボリューム感アップも叶うヘアカラートリートメントへまさに進化しているのだ!

グレイヘアは「あり」でも、白髪に悩みは尽きない

 髪色にまつわる常識がここ数年で大きく変わった。いわゆるグレイヘアがファッションの1つとなって、白髪を染めない選択肢もあることが大人女性の意識を大きく変える。でも一方、思ったよりグレイヘアを決断する人が増えないのもまた事実。生え際だけが白くなり、また白髪と黒髪が混じり合うあの一番難しい時期を乗り越えて、美しいグレイヘアにたどり着くまでが大変だからである。

 基本的に“白髪混じり”はどう頑張っても人を老けて見せる。生え際だけ白くなった髪を黒髪と比較すると、顔立ちの印象もろとも見た目年齢の差は10歳どころか、母娘ほどの差を生んでしまう。ましてや、生え際の白髪は“薄毛に見える原因”ともなり、加齢によるボリュームダウンと相まって「老け感スパイラル」を引き起こしているのだ。一度始まると手が付けられない悪しきスパイラルの始まりはやはり白髪。1本あっても目立ち、数ミリで際立つ生え際白髪を一体どうするか。グレイヘアがいかにトレンドになろうと、白髪問題は解決しないままなのである。

©Shutterstock
©Shutterstock

コロナ禍で見直された、自分でカラーリング

 コロナ禍で塗り変えられた習慣の中でも、今やプラスの変化として捉えられているのが、何でも「自分でやる」こと。料理やDIY同様、美容がらみでもプロ任せにしていたことが「自分でもできる」と気づいて、改めて自分美容が注目を浴びているのだ。そんな中でも意外なほど増えているのがセルフヘアカラーリング、“自染め”派。実際、ヘアサロンにも行けない自粛期間に、やむにやまれず自分でやったという人はもちろん、これを機に始めてみようと思った人は少なくなかった訳だ。どちらにしても、ごまかしの利かない白髪に対して「自分でできる」のは大きな安心と自信に繋がるはず。

 とはいえ、“セルフカラーリング”は、慣れていないと依然としてハードルは高い。「失敗や、刺激が心配」と避けている人もいるはずだし、「やっぱり面倒、続かなそう」と決めつけている人もいる。必要に迫られても尚、躊躇する人がいるのもまた事実……。

髪を傷めず手軽なはずの“カラートリートメント”も未だ発展途上?

 そこで数年前に改めて注目を浴びたのが、シャンプー時のトリートメントだけで白髪が染まるという「カラートリートメント」だった訳だが、じつはこのジャンルも未だ定番化していない。ともかく日常的なトリートメントとスイッチするだけ。良いことずくめだったはずのカラートリートメントだが、期待値が大きすぎただけに、未だ発展途上という見方もある。刺激が少ない、時間もかからない、手軽に素早く染まり、文字通りのトリートメント効果で髪を傷めず、保湿もしてくれるが、その分、白髪染めに比べて染色力や色の定着率は低く、頻繁に使い続けなければいけないのは確か。ただ当然のこととして、白髪の目立ちは年齢とともに速くなる訳で、逆にいつどんな状況下でも、自分の手で簡単に対処したい気持ちも強くなる。コロナ禍で尚更それを痛感したはずなのだ。

だから注目の、深染め(※1)、早染め、生え際が立ち上がる

 そんな中で、注目すべきカラートリートメントがある。ともかく深い色に染まり、早く染まり、美しく染まる。ムラなく、そしてツヤやかに。もちろん髪を傷めずに潤し、いい香り……カラートリートメントに求められることを、1つ1つ丁寧に進化させたのが、アンファーのスカルプD ボーテなのだ。

ボリューム感アップを叶えるヘアカラートリートメントがリニューアル新発売! シャンプー後、毛髪の水気を切ってから使用。適量を手に取り、白髪の気になる部分を中心に塗布し5~10分なじませた後、色が出なくなるまで十分にすすぐ。乾いた髪にも使用可。
左から スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント 全4色(ナチュラルブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン) [販売名:スカルプDB ヘアカラートリートメントQR4] 各200g 各¥2,852(税込)。
ボリューム感アップを叶えるヘアカラートリートメントがリニューアル新発売! シャンプー後、毛髪の水気を切ってから使用。適量を手に取り、白髪の気になる部分を中心に塗布し5~10分なじませた後、色が出なくなるまで十分にすすぐ。乾いた髪にも使用可。
左から スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント 全4色(ナチュラルブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン) [販売名:スカルプDB ヘアカラートリートメントQR4] 各200g 各¥2,852(税込)。

 でもそれだけじゃない。毛髪のオーソリティ、アンファーの更なる進化が加わった。何と生え際をふわり立ち上げる“ボリューム感仕上げ”。生え際を立ち上がらせること自体、トリートメントとして高い技術がいるだけに、それこそ毛髪スペシャリストならではの結果だろう。それは付加価値以上の意味を持つはずだ。もともとカラートリートメントに定評があったアンファーが、小さな不満の声も聞き漏らさず、10分間(※2)で深く、早く、美しくという明快なパワーアップに加え、透け感地肌もクリアする。カラートリートメントは、1回使えば誰もが正確にその良し悪しを評価できるアイテムだけに、嘘のない誠実なこの進化、しみじみ有難いと思ったもの。

スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント

全4色(ナチュラルブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン)
各200g
各¥2,852(税込)ほか

※1 深い色に染めること
※2 染まり方には個人差があります

提供 アンファー