昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女性の終活は千差万別! 多様な悩みに応える“おひとりさま信託”

PR

終活のイメージは年齢やライフスタイルによってさまざま。三井住友信託銀行の「おひとりさま信託」は、自分らしい身じまいをサポートしてくれる頼もしい存在になりそう。

自分らしい人生のエンディングに向けて、思いはさまざま… 

家の中のことは知り合いに見られたくない
(40代、公務員、未婚)

上京して20年以上経ち、今は東京が自分らしくいられる居場所だなと思っています。お盆やお正月には実家に顔を出しますが、このまま東京で一人暮らしを続けるつもりです。ただ、自分が亡くなった後の片付けは自分ではできない。実家を出た身で親兄弟に面倒をかけるのは気が引けます。友人たちとは、「お互いに助け合おうね」なんて言ってはいるんですが、あてになるかどうかわかりません。それに、SNSのアカウントなど、顔見知りだからこそ見られたくないものもあるんですよね。お金を払った上で、第三者に任せられると気楽です。


家族同然の愛猫の将来も考えておきたい
(50代、編集者、婚姻歴あり)

50代になって、シングルでいることへの心の揺らぎや不安は無くなりました。今は誰かに気兼ねすることなく、愛猫とのびのびと人生を謳歌しています。お気に入りのワインバーでひとりゆっくりとお酒を楽しんだり、仕事の合間を縫ってライブやフェスに足を運んだり。ひとり身なので計画的に終活を進めるため、老後資金の準備も始めています。心配なのは、心の支えである愛猫の存在。私がいなくなっても猫が健やかに暮らせるよう、託せる先を見つけておかなければと考えています。


最期はひとりと思って備えておきたい
(60代、元メーカー勤務、既婚)

定年退職を迎え、時間の余裕ができたことをきっかけに、夫婦で「終活」を始めることにしました。まずは遺言の勉強を始めたのですが、家財の整理やお葬式の手続きといった細々した作業は、遺言では指定できないんですね。エンディングノートに希望を書き連ねていますが、そもそもどちらが先に逝くかわかりませんしね。夫をあてにせず、きちんと死後事務を引き受けてくれる団体を探しておきたいなと考えているところです。

多様な思いに寄り添う“おひとりさま信託”の特徴

1.死後事務をまとめて任せられる
お葬式や埋葬の手配、デジタル遺品の処分、ペットのことなど幅広く準備できる

 

2.エンディングノートをお預かり
デジタルエンディングノートをスマホやPCから何度でも気軽に書き換えられる

 

3.かんたんSMS安否確認
携帯端末へのSMSで安否確認が行われるので、万一の備えに役立つ

遺言と死後事務はセットで検討を

 終活といえば「遺言」を連想する人が多いが、遺言だけでは解決できないこともある。遺言が効力を発揮するのは財産に関することのみ。葬儀や埋葬の手配、家財道具の処分、公共サービスの解約などの死後事務は誰かに委ねるほかない。お願いできる家族がいない、人の手を煩わせるのは申し訳ないと不安に感じる人もいるだろう。

 そんな時に頼りになるのが、死後事務をまとめてサポートする信託商品「おひとりさま信託」だ。葬儀の手配や身のまわりの物の処分をはじめ、病院からの引き取りや知り合いへの訃報の連絡、飼っているペットの託し先への搬送、パソコンやスマートフォンに残ったデータの消去など、死後の気になるあれこれを専門家にワンストップでお願いできる。三井住友信託銀行が紹介する、一般社団法人と契約するため、複数の事業者と個別に契約する手間が省ける。

 三井住友信託銀行に預けた資金から費用が支払われるため、支払いの面倒もない。まとまった資金を一度に預ける金銭信託タイプと、死亡保険金を活用する生命保険タイプの二種類があり、家計に合わせて無理なく利用できる。さらに契約者はスマホやパソコンから何度でも書き直せる「デジタルエンディングノート」や、携帯電話のSMS(ショートメッセージ)を使った安否確認サービスを利用できるのも嬉しいポイントだ。

 ”おひとりさま信託”と銘打っているが、既婚者や夫婦そろっての問い合わせもある本商品。女性の方が寿命が長い傾向にあることを考えればそれも納得だ。三井住友信託銀行なら、おひとりさま信託だけでなく、遺言などの相続対策について広く相談できる。まずは気軽に電話で問い合わせてみてはいかがだろう。


おひとりさま信託・おひとりさま信託〈生命保険型〉の信託報酬等について
●設定時信託報酬:33,000円
●終了時信託報酬:110,000円+ご契約期間(年数、1年未満切り捨て)×6,600円
●その他、所定の運用報酬、死亡保険金債権信託に係る報酬(生命保険型のみ)がかかります。
●死後事務の履行を依頼できる「一般社団法人安心サポート」(以下、「社団」)をご紹介します。死後事務委任契約の履行時に、実費および社団への報酬が必要です。​
※金額は全て消費税等込み

生命保険についてのご注意事項
●生命保険商品には、各種相場環境等の変動等を要因として投資対象の価格変動等により損失が生じ、お受取金額が投資元本を割り込むおそれがある商品もございます。また、預金保険制度ならびに投資者保護基金の対象外であり、元本および利回りの保証はありません。
●お客さまにご負担いただく費用には、「ご契約時にかかる費用」「保険契約関係費用」「運用関係費用」「解約控除費用」「その他費用」がございます。なお、費用等の合計額・計算方法等については、商品・投資金額・運用状況等によって異なりますので、表示することができません。
●リスクおよび費用等の詳細は、各商品の契約締結前交付書面またはお客さま向け資料等をよくお読みください。

詳しくは、三井住友信託銀行の窓口またはホームページでご確認ください。
三井住友信託銀行株式会社 2021年6月1日現在


●お問い合わせ・ご相談
三井住友信託銀行
TEL:0120-911-299(平日・土曜 9:00~17:00)
おひとりさま信託

下記ボタンから資料請求いただいた方に、これからの終活に役立つ知識が満載「終活ハンドブック」をプレゼントいたします。

資料請求