昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

5位「SMAP×SMAP」(フジテレビ系・1996~2016)

 人気絶頂だったSMAPのバラエティでの活躍を象徴する番組が、多くの女性票を獲得して、見事「ベスト5」入りしました。看板コーナーは彼らの料理が振舞われる「BISTRO SMAP」。有名タレントだけでなく、小泉純一郎ら政治家から海外の要人まで出演する注目のコーナーでした。

 後半は歌とコントが放送され、パロディコントでは、マイケル・ジャクソンなどパロディ元の本人が登場し、ドッキリを仕掛ける企画も評判でした。SMAPは2016年に惜しまれつつ解散。同時に番組も終了しました。

5位「SMAP×SMAP」は、SMAP解散まで続いた ©文藝春秋

「本当に面白かったので月曜日が楽しみだった! SMAPが体を張ってコントや料理をするのが素晴らしかった。本物の国民的アイドルと思う」(57・女性)

「オールマイティバラエティ番組でした。東日本大震災後は番組で募金のお願いを呼びかけ、ただ単に楽しいだけではない史上最高のエンタメ番組」(64・女性)

「最高のエンタメでした。SMAPは唯一無二の存在。SMAP×SMAPが終わってからバラエティを見なくなりました」(59・女性)

「とにかくSMAPがカッコ良かった。ビストロも色々なコーナーも最後の歌も良かった。特に木村拓哉のコントは素晴らしかった」(71・女性)

「SMAPが大好きだったし、アイドルなのに、お笑いも出来て、料理も出来て。いつか有名になって、草彅君の料理を食べたい!って思ってました。また見たい」(47・女性)

「とにかく最高に面白かったし、海外のスーパースターが来日したら必ず来る番組。マイケル・ジャクソンが来たのはほんとに凄かった。レディー・ガガも何度も来てくれた」(40・女性)

「ビストロSMAPではメンバーの料理の腕が見られたりしてよかったけど、メンバーのコントが一番好きでした! 木村拓哉演じるペットのPちゃんは印象的です。キャラが濃いコントが多くて楽しめました」(36・女性)

「やっぱり面白かった。アイドルがバラエティをやった走りだし、とにかくそれぞれのメンバーに個性があったから成り立っていた。解散で番組が終わるなんて思ってもみなかった」(57・女性)