昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「貴乃花がいなくなっちゃったからだよ」武蔵丸が「世紀の優勝決定戦」を封印する“本当の理由”

貴乃花×武蔵丸 #1

2021/05/20

source : 文藝春秋 2013年12月号

genre : エンタメ, スポーツ

 大相撲ファンのあいだで、今なお語り継がれている横綱貴乃花と武蔵丸の「世紀の一戦」。それはちょうど今から20年前、2001年5月場所千秋楽のことだった。

2001年の夏場所千秋楽、右膝のけがをおして優勝決定戦で武蔵丸を下した貴乃花(右)=両国国技館 ©共同通信社

 互いに現役を退き、それぞれに弟子を育てる師匠となっていた2013年のこと。「文藝春秋」12月号誌上で、かつて鎬を削ったふたり――貴乃花と元武蔵丸の初の対談が実現した。

 このたび、20年を機に武蔵丸――現武蔵川親方に、この一戦について振り返ってもらおうとしたところ、意外な答えが返ってきた。

「もう2度とこの一戦について話をすることはない。なぜって? だって、貴乃花が(協会を退職して)いなくなっちゃったからだよ……」

 相撲はひとりでは取れない。「相手あってこそ」の相撲である。

 同じ土俵にいない、かつての盟友についてひとりで語るのはフェアじゃない――。

 武蔵丸は、今後、この「世紀の一戦」について一切口を閉ざし、封印するという。そして貴乃花もまた、2度と振り返ることはないはずだ。はからずも「最初で最後」となった貴重な対談を、ここに再録する。

(司会・構成=佐藤祥子/相撲ライター、全2回の1回目/後編に続く)

※年齢・肩書などは対談当時のまま

昔は口もきかなかったという貴乃花(左)と元武蔵丸。貴重な対談で戦いの日々、相撲界のことについてじっくり語り合った ©文藝春秋

◆ ◆ ◆

決定戦に出るからには、恥ずかしくない土俵態度を示さなきゃ

貴乃花光司(以下、貴乃花) 今日は「マルちゃん」といつもどおりに呼ばせてもらいますけど、あの時のマルちゃんは、やっぱりやりにくかっただろうと思うよ。

武蔵川光偉(以下、武蔵川) 実を言うと、決定戦は、やりにくいというか、最初からやる気が出なかったんだ。

貴乃花 今でもよくあの一戦について「感動した」と言われるけど、傍から見られてるのと、自分の心境は違っていた。まず本割では、膝がイカレてるし、マルちゃんに子ども扱いされるように突き落とされて、こっちがあっさり負けたでしょう。まず思ったのは、「決定戦では、失礼にならないようにしなきゃ。これじゃいけないぞ」ということだった。

©文藝春秋

武蔵川 うん、うん。

貴乃花 でも、決定戦で仕切ってる最中にまた膝が外れちゃった。「力士道」は、本来ならああいう姿を相手に見せたらいけないんだよね。気合いは入っていても、相手はマルちゃんだから、もう勝てるわけないともわかっている。でも決定戦に出るからには、恥ずかしくない土俵態度を示さなきゃ、という思いだけだったんだ。

武蔵川 その前に、本割で塩を取りに行った時、審判の九重親方(元横網千代の富士)が、「貴乃花、痛かったらやめろ!」と叫んでたのが聞こえてたんだよ。