昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

費用は数千万円か 五輪組織委がIOC委員の札幌移動にチャーター機提供

 5月上旬に来日した世界陸連会長・IOC委員のセバスチャン・コー氏(64)。このコー氏をはじめ、共に来日したIOC委員や世界陸連関係者の札幌移動のため、東京五輪組織委員会が計3機のチャーター機を提供していたことが「週刊文春」の取材でわかった。

セバスチャン・コー氏 ©共同通信社

 コー氏は5日に札幌で行われた五輪マラソンテスト大会などを視察し、橋本聖子五輪組織委会長や小池百合子東京都知事とも会談した。

「コー氏は陸上中距離で五輪金メダルを2つ獲得したイギリスの英雄。2012年ロンドン五輪では組織委会長を務め、成功に導いた。IOC委員には昨年7月に選出されたばかりですが、早くもバッハ会長後継の有力候補と目される人物です」(時事通信ロンドン支局・長谷部良太記者)

会談を前にあいさつを交わす東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長(左)とセバスチャン・コー会長 ©共同通信社

 コー氏は離日後、こう語っている。

「日本では、何度も同じ質問をされた。『オリンピックをこのまま進めるべきですか?』。私の答えはいつも明確に『イエス』だ。なぜなら安心で安全な形で開かれると信じているからね」

 コー氏の来日に、五輪組織員会はどのように対応したのか。マラソンテスト大会の関係者が証言する。

「コー氏らの札幌視察に、チャーター機を提供しました。計40~50人が乗り込んだ旅客機で、羽田と新千歳間を往復。羽田では一般客と別ルートにするために、通常は国際線に利用する第3ターミナルから出発したそうです。関係者の入国時期が別々だったので、行きは2便、帰りは1便を用意しました」

 航空関係者によれば、チャーター機の費用は「運航時刻や機体によって変動はありますが、数千万円はかかるでしょう」。

5月5日のマラソンテスト大会

 チャーター機を提供した理由について、組織委は週刊文春の取材に対し、以下のように回答した。

「(海外関係者は、コロナ対策に鑑み)入国後14日間の移動は公共交通機関を使用せず、専用輸送に限ることとされ、政府と協議の結果、チャーター機で移動することが適切となりました。なお、3機のチャーター機は選手の専用輸送のために手配したところ、結果的に、これに世界陸連関係者が同乗した形になります」

 
コロナ感染が拡大する中、IOC委員らの移動には多額の費用がかかることが改めて浮かび上がった形だ。

 VIPたちのチャーター機移動の陰で繰り広げられている聖火リレー現場スタッフの過酷な日常。その中にあってタクシー移動に大金を費やす組織委職員など、東京五輪の舞台裏を、詳しくは5月19日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び5月20日(木)発売の「週刊文春」が報じている。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版を見てみる

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー