昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大関・朝乃山 緊急事態宣言中に神楽坂キャバクラ通い

 大相撲五月場所に出場している大関・朝乃山(27)が、緊急事態宣言の最中、常連の神楽坂のキャバクラに通うなど、日本相撲協会のコロナ感染対策のルールを複数回破っていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

 4月30日、朝乃山は男性2人を伴い、午後10時過ぎに神楽坂のキャバクラ「A」(仮名)に入店。朝乃山はVIP席に陣取った。

大関・朝乃山 ©共同通信

「部屋にはカラオケも完備されています。この日、カラオケはしていませんが、大関は、いつものようにフードを被ってソファーに腰かけていました。店に何人かお気に入りの子がいて、同席した中にお店を辞める子がいたので、お別れ会の意味でシャンパンをあけて豪遊していました」(従業員)

 同店は緊急事態宣言中も時短要請に応じず、深夜1時までの営業を続けている。この夜、朝乃山が店を出たのは深夜1時をまわっていたという。

 さらに朝乃山は、五月場所初日を2日後に控えた5月7日夜10時半頃にも神楽坂にタクシーで到着。だが、「A」の前で待ち合わせていた仲間の男性が小誌取材班の車に気づき、車のドアをこじ開けて「お前ら週刊誌だろ! こっちは素人じゃねぇんだよ」と怒鳴りこんできた。その後、朝乃山と男性はタクシーに同乗して西麻布へ向かい、とあるビルに入っていく。深夜3時過ぎに再び姿を表した朝乃山は、男性に見送られながらタクシーに乗り込み、高砂部屋へと帰って行った。

5月7日午後10時半、タクシーで神楽坂に到着した朝乃山

 日本相撲協会は昨年7月、コロナ感染拡大防止の観点から「新型コロナウィルス感染症対応ガイドライン」を発表。〈近隣以外への緊急な外出や必要な外出は、師匠が協会に相談した上で行う〉とあり、力士を含む全ての協会員に対して不要不急の外出自粛を定めている。

 さらに協会は各部屋に対して、「番付発表後からは原則外出禁止」の通達を重ねて出しており、五月場所の番付発表は4月26日。朝乃山はこのルールにも違反したことになる。

5月8日午前4時前、高砂部屋の近くに到着した朝乃山

 高砂部屋を通して朝乃山に取材を申し込んだが、締め切りまでに回答がなかった。
日本相撲協会では、ちょうど1年前の5月、三段目力士だった勝武士をコロナで失っており、五月場所に出場中の力士で番付最高位にいる朝乃山の行動は波紋を広げそうだ。

 そして、「素人じゃねぇんだよ」と怒鳴り込んできた男。実は、彼はある新聞社の記者だった――。

 5月19日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び「週刊文春」5月20日(木)発売号では、朝乃山が昨年から頻繁に通っている「A」での豪遊の様子、新聞記者の正体と朝乃山との関係、記者は小誌直撃に何を語ったのか、などを詳報する。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版を見てみる

この記事の写真(6枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー