昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

NHK現役幹部8人を子会社へ…前田会長の“銀行流人事”はうまくいくか?

「年功序列でいびつ。役員の構成を含めて、構造改革が必要ということです」

 5月13日、記者会見に臨んだNHKの前田晃伸会長(76)。主に50代の現役幹部8人を子会社に出向させる異例の人事について問われると、そう胸を張った。

今年を「改革実行の年」とする前田会長だが…… ©共同通信社

「11社ある子会社の役員はこれまで、理事や局長らが退職後に就任するのが大半でした。昨年4月時点で80人を超える子会社の常勤役員のうち、現役職員の出向者は1人もいなかった。ところが今回、前田氏が主導する形で、根本拓也報道局長をNHKグローバルメディアサービスへ、松本浩司編成局長をNHKエンタープライズへ出向させるなどの人事を次々と決めたのです」(NHK関係者)

 経済部出身の根本氏が報道局長に就任したのは、昨年4月。前任者で、官邸との距離の近さゆえに“Kアラート”と呼ばれた小池英夫氏(現理事)の在任期間が3年間だったことを考えれば、僅か1年での報道局長からの異動は珍しい。

「逆に任期半ばでの退任が決まった子会社社長の中には『従わない』と不満を漏らす者もいます」(同前)

 まるでメガバンクばりの出向人事だが、前田氏自身、みずほフィナンシャルグループ社長・会長などを歴任した人物。みずほ時代は意に沿わない幹部の更迭も辞さないなど、行内では“強権体質”で有名だった。