昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

巨人・菅野智之に“異変” 開幕戦直前に起きた“ブルペン事件”

 巨人・菅野智之投手(31)に“異変”が起きている。5月7日のヤクルト戦で右肘に違和感を訴え、4回で緊急降板。翌8日、出場選手登録を抹消されたのだ。

「降板後はベンチで腕を組み、憮然とした顔でグラウンドを見つめていた。15日からキャッチボールを始めるなど早期復帰を窺わせているが、登録抹消は早くも2度目。昨季は14勝2敗と無敵でしたが、今季は2勝2敗と波に乗れず、ピリピリしたムードを漂わせている」(スポーツ紙デスク)

押し出し四球も出すなど不調だった開幕戦 ©共同通信社

 絶対エースとして3月26日のDeNA戦で開幕投手を務めた菅野。「実は、ケチのつき始めは開幕戦の直前にあった」と明かすのはスポーツ紙番記者だ。

「試合前にある“事件”が起こり、チームは大騒動になったのです」(同前)

 試合開始まで1時間を切った東京ドームの1塁側ブルペン。投球の準備を進めていた菅野が突如、マウンドに足をとられて痛みを訴え、声を荒らげたという。

「どうもブルペンの感覚に違和感があり、足をひねってしまったようです。菅野のプロ意識は高く、登板するマウンドの形状や球場の環境、当日食べる物まで細かく計算して調整している。開幕前日には『言い訳できないくらい良いコンディション』と胸を張っていただけに、まさかの落とし穴だったのでしょう」(同前)

 エースに無理はさせられないと、首脳陣は一時、直前での登板回避を検討。予告先発の交代は故障など緊急時には認められるため、先発が可能な大竹寛、桜井俊貴ら代役の人選に入った。