昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 働き方, 企業

大卒の新人をたった1週間で退職に追い込んだお局職員の"ある口癖"

極端な事例を持ち出して職員を問い詰める

また別のとき、車イスへの移乗にもたついた女性職員に「もし、戦争が起きたら、どうするのよ。みんな死ぬよ」とか、風呂場の水道の蛇口をしっかり締めなかった職員に「水害が起きたら、あんたが最初に溺れるよ。しっかりしてよ」などといつも極端な事例を持ち出し、こめかみに青筋を立てて怒鳴る。

そんなアホなと思いつつもちろん黙っている。この仕事には忍耐力が求められるのだ。

たしかに、彼女がいなければ施設が回らない。それは事実であり、今まで施設内で重大事故が起きていないのも、信じられないほど細かいところにまで気がつく彼女の実績だと言えなくもない。

北村の持つ経験や資格が必要なのだ。さて、北村がいつもの調子で幸助君を責め立てる。

「窓を開けて換気してカーテンを開ける。これ常識だと思いますけど、あんた何を聞いていたの? 2日前に説明したでしょ。メモらなかったの?」。彼女が幸助君に詰め寄る。

「いや、やす子さんから、外が雨だから開けないでと言われたものですから」

彼は消え入りそうな声で言い訳した。「何、寝ぼけたことを言っているの。カーテン開けてごらんよ」。指示に従い、彼がカーテンを開けると、外は溢れんばかりの日光が射していた。1時間前まで降っていた雨は、いつの間にか上がっていたのだ。

新人への執拗ないじめが始まる

「でも、そのときはまだ雨が降っていて……」
「変な言い訳しないでくれる。こんなに明るいのに、電気代がもったいないでしょ」

言いながらわざとらしく北村が室内灯をパチンと消す。「もういいから、さっさとリビングの清掃に行って」。北村がヒステリックな声をあげる。

「あの、やす子さんに訊いてもらえば、わかると思うのですけど」

幸助君のこの一言が火に油を注いだ。彼女は、彼を血走った目でにらみ、「あんた、自分のミスをやす子さんのせいにするの?」と怒鳴る。

2人の間で、やす子さんは明らかに動揺している。というか北村を怖がっている。「ねえ、やす子さん、僕にそう言いましたよね」幸助君が尋ねる。「えっ、何を」やす子さんには認知症の症状があり、1時間前の彼とのやりとりなどまったく覚えていなかった。