昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「いい大人が恥ずかしい」と抗議の声も…自ら二軍落ちの日本ハム・中田翔 “札幌一人ぼっち”で大丈夫か

 混戦のパ・リーグで最下位にあえぐ日本ハム。その要因は多々あるが、主砲・中田翔(32)の不調が何より大きい。主に4番で起用されながら、打率は1割台、本塁打はわずか4本(5月30日現在・以下同)だ。

「過去に打点王を3度獲得するなど勝負強さがウリだが、今季の打点はまだ11。チーム得点もロッテの243に対し、日ハムは僅か157で、中田のブレーキが響いている」(番記者)

中田翔

 9年前の監督就任時から4番に固定するなど、中田への思い入れが強い栗山英樹監督だが、5月17日、遂に出場選手登録を抹消。

「2番や7番などプレッシャーの少ない打順に据えたり、スタメンから外して休養させたりと、手を尽くして復活を待ち続けた。しかし、最後は中田から『このままではチームに迷惑を掛ける』と二軍行きを申し出たそうです」(同前)

 栗山監督は降格理由を「体調不良」と説明した上で、「翔らしくないのも事実。体のことを含めてね」と歯切れが悪い様子で語った。前出の番記者は「ケガをしたという情報もなく、体調以外の理由があるのではないか」と訝しがる。