昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「いい大人が恥ずかしい」…寄せられた抗議の声

 確かに今季の中田は精神的に不安定だ。4月7日には三振後に怒ってバットを叩き割ると、ベンチ裏で転倒し、右目上にたんこぶを作って途中交代した。札幌のテレビ局関係者が明かす。

「実はここ数年、凡退した中田が暴れる様子がテレビに映ると、『教育上良くない』『いい大人が恥ずかしい』といった抗議が球団や局に寄せられていた。そのため、昨季から『ベンチで道具を叩きつけるなどの八つ当たり行為は禁止する』というお達しが出ましたが、そのルールを無視するほど我を忘れていたようです」

右目を腫らせた中田翔 ©共同通信社

 後輩に高級時計をプレゼントしたり、高級クラブで100万円近い飲み代を現金で払ったりと豪快な一方、「実際は繊細で、他人からどう見られているかを気にする男。不振に陥ると悩みすぎて心を病んでしまう」(球団OB)という面もある。

「中田は3年前からインスタグラムを開設し、コメントも熱心にチェックしている。ところが“バット叩き割り事件”以降、ファンからの『もうファイターズに要らない』といったアンチコメントが一気に増え、傷ついている」(前出・番記者)

 二軍落ち後は、ファーム戦にも出場していない。

「鎌ケ谷の二軍施設でも目撃情報はなく、札幌に一人でいるようです。ただ、コーチもトレーナーもいないのにどうやって練習しているのか……、チーム関係者は心配しています」(同前)

 今年が3年契約の最終年。ファンはベンチではなく打席での大暴れが見たいはず。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー