昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大坂なおみ選手、全仏オープン初戦勝利するも「私が棄権するのが最良」―記者会見拒否で罰金約164万円

source : 提携メディア

genre : ニュース

大坂、2回戦を棄権 「少しコートから離れる」―全仏テニス

大坂なおみ

 【パリ時事】テニスの四大大会、全仏オープンの女子シングルス1回戦後に記者会見を拒否し、大会主催者から罰金を科された世界ランキング2位の大坂なおみ(23)=日清食品=が31日、自身のツイッターで2回戦を棄権すると表明した。「大会や他の選手、私の健康にとって最良のことは、誰もがテニスに再び集中できるよう私が棄権すること」と記した。

 大坂は、日本選手として男女を通じて史上初の四大大会シングルス優勝を果たした2018年全米オープン後から気分の落ち込みに苦しんでいることを明かし、「パリでも弱さや不安を感じていたので、記者会見を休んだ方がいいと思った」と告白。「少しコートから離れるつもり。また会いましょう」とつづった。

 大坂は全仏オープンの開幕前、「選手の心の健康状態を考慮していない」と訴え、大会中は全ての記者会見に応じない意向を示していた。5月30日の1回戦で勝利後にコート上でのインタビューには応じたが、記者会見を拒否し、大会主催者からは規定違反により罰金1万5000ドル(約164万円)を科された。

 主催者は今後も違反が続けば大会からの追放の可能性があるとし、四大大会の主催者は連名で四大大会出場停止もあり得ると発表していた。フランス・テニス連盟のジル・モレトン会長は記者会見し、「棄権は残念。できるだけ早く回復することを願い、来年の大会に迎えられることを楽しみにしている」と述べた。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー