昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

映画監督・西川美和がマニフレックスで見つけたすばらしき世界

2021/06/21

PR

シカゴ国際映画祭二冠に輝いた映画「すばらしき世界」が大好評を収めた西川美和監督。マニフレックスの表参道ショールームで最高の相棒というべきマットレスと出会った!

よいアイデアのために良質な睡眠は重要 

 映画監督として現場に立つばかりでなく、脚本や時には小説まで手がける西川さん。よりよい仕事をするために、睡眠の大切さを日々痛感しているという。

「若い頃は夜中じゅう起きて脚本を書いたり、明け方まで映画を観たりと不摂生の限りを尽くしていました。かつては寝ずに勉強したり仕事したりするのが勤勉の証という風潮もありましたが、それで翌日のパフォーマンスがいいはずはない。40歳を過ぎた頃から仕事のクオリティも下がるように感じ始めました。そんな時は精神的にも殺伐としてきて、スタッフも睡眠不足だと撮影現場の雰囲気にも影響する気がします。今はアイデアに詰まった時は15分ほど横になって休息をとり、リフレッシュしています」

西川美和 Miwa Nishikawa
2002年、「蛇イチゴ」で監督デビュー。「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」「永い言い訳」の映画制作を続ける一方で、執筆した小説『きのうの神さま』『永い言い訳』は直木賞候補に。最新刊は、「すばらしき世界」に挑んだ5年間の軌跡を綴った『スクリーンが待っている』。
西川美和 Miwa Nishikawa
2002年、「蛇イチゴ」で監督デビュー。「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」「永い言い訳」の映画制作を続ける一方で、執筆した小説『きのうの神さま』『永い言い訳』は直木賞候補に。最新刊は、「すばらしき世界」に挑んだ5年間の軌跡を綴った『スクリーンが待っている』。
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

「すばらしき世界」
10月6日(水)Blu-ray&DVD発売
出演:役所広司 仲野太賀 ほか 
脚本・監督:西川美和
原案:佐木隆三著『身分帳』(講談社文庫刊)
佐木隆三の『身分帳』に惚れ込んで、初めて他の人の原案を映画化。「すばらしき世界」は2021年2月から公開され、観た人たちの心に大きな感動と温かい余韻を残した。 

 そんな西川さんが、理想の寝心地を求めて様々なマットレスを試してみることになった。マニフレックス表参道ショールームでは、すべて横になって試すことが可能。ベッドに横たわって目を閉じると「ああ、気持ちいい。このまま二度と起き上がれなさそう(笑)」と思わず完全リラックスモードに。

 理想の寝姿勢は立っている時の背骨のカーブをそのまま横にしたものと言われる。マニフレックスのマットレスは、独自の高反発素材エリオセル®を芯材として使用。適度な弾力性と高い復元性で体を柔らかく包み込みながら、骨格のカーブに沿ってしっかり体を支えあげる設計になっている。そのため、どんな姿勢をとってもストレスがなく寝返りもスムーズ。睡眠がパフォーマンスに影響するアスリートや頭脳を働かせる人々に愛用者が多いのも納得できる。

「かかとまで体の形に沿って沈み、しっかり支えてくれる感覚を初めて意識しました。どれもいい寝心地ですが、微妙に感触が違う。自分の好みを追求できますね」と悩み抜いた西川さんが、新しい睡眠パートナーとして選んだのは人気No.1モデルのフラッグ・FX。

「フラッグ・FX」と「バイオシェイプまくら」を試し、体に吸いつくような寝心地にビックリしたという。
フラッグ・FX」と「バイオシェイプまくら」を試し、体に吸いつくような寝心地にビックリしたという。

「脚本を書いている時などはとくに、寝る前と起きた時の思考を途切れさせたくない、24時間考え続けたいと思う方です。実際に見た夢がアイデアになることもあるのですが、面白い夢を見たと思える時は十分な睡眠をとれた時。そのためには寝具も大切ですね」

手軽に持ち歩ける枕で旅先でも快眠を

 そして柔らかな高反発フォームを使った枕も試してみることに。

「起きた時に肩や首が凝っていることが多いので、いい枕を探していました。どれも頭を乗せた時に首がラク」

寝具のスペシャリスト羽賀康子さん(写真右)に説明を受け、理解を深める西川さん。
寝具のスペシャリスト羽賀康子さん(写真右)に説明を受け、理解を深める西川さん。
丸めて持ち運べる枕「ピローサンパウロ」なら、ロケ先でも使えると聞いて、思わず笑みがこぼれる。
丸めて持ち運べる枕「ピローサンパウロ」なら、ロケ先でも使えると聞いて、思わず笑みがこぼれる。

 マニフレックス社は、1962年にフィレンツェで創業した時から一貫して地球環境に配慮。製造過程や廃棄の際に有害物質を排出せず、輸送の際にもCO2排出を抑える真空ロールアップ製法を採用するなど、今でいうSDGsに則った製品を生み出してきた。

「60年近くも前から環境問題に取り組んでこられたことに驚き、感銘を受けました。モノがどういう経緯で手もとに来てその先どこに行くのか、私たち生活者はあまり知る機会がありません。でも、私は映画を通じて“人が見たくない部分”を描くタイプ。これからは買い手として、製品の背景にも意識を高めたいですね」

 その後、選んだマットレスで眠るようになった西川さん、早速嬉しい変化を感じているとか。

「こんなにも床につくのが楽しみになったのは初めて。体に吸いつくような寝心地で、なんとも言えない安心感に包まれながら眠りにつけるようになりました。執筆中は明け方まで頭が冴えて寝つきが悪くなることが多いのですが、これで改善できそうです」


熟睡へ誘う厚さ23cmのふっくら感!

オクラホマ シングル 63,800円(税込)12年長期保証
●芯材にエリオセル®使用。23cmというゴージャスな厚みを実現 
●理想の体圧分散でしっかり身体を支えあげ、熟睡へ誘う
●表と裏で寝心地が選べるリバーシブル仕様 
●側面のセンターメッシュで通気性抜群 
●側地は高級感あふれるヴィスコース仕立て。取り外してドライクリーニング可能 
●プラスチックは一切不使用


提供/株式会社フラグスポート
www.magniflex.jp


photographs:Shiro Miyake
hair & make-up:Yuko Chiba