昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《立川ホテル殺傷事件》逮捕された19歳「人を殺害する映像を撮影しようとした」と供述

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

ホテル男女死傷、19歳少年逮捕 「人を殺したかった」―警視庁

 

 東京都立川市のホテルで風俗店従業員の男女2人が刺され死傷した事件で、警視庁立川署捜査本部は2日、負傷した男性に対する殺人未遂容疑で、現場から逃走した客の少年(19)=あきる野市=を逮捕した。

 捜査関係者によると、少年は容疑を認め、「インターネットで人を殺す動画を見て、自分もやってみたくなった」などと供述。女性殺害についてもほのめかしているという。

 逮捕容疑は1日午後3時45分ごろ、立川市曙町のホテルの廊下で、風俗店従業員の男性(25)の腹部を包丁で刺し、殺害しようとした疑い。

 捜査本部によると、少年は事件後にJR立川駅から拝島駅に電車で移動。1日午後4時15分ごろ、拝島駅周辺に設置された防犯カメラに、少年とみられる男が映っていた。

 2日午前、警視庁の捜査員がバイクに乗った少年を発見。東京都羽村市内で声を掛けたところ、「ツーリングをしています」と答え、任意同行に応じたという。両手は包丁を使用した際に負傷したとみられ、トイレットペーパーが巻かれ、ばんそうこうが貼られていた。

 捜査関係者によると、少年は「人を殺害する映像を撮影しようとした」とも供述し、ホテルで女性と言い争いになったと話している。女性は殺害直前、男性従業員に「盗撮です。早く来てください」と連絡していた。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー