昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載ネット秘宝を探せ!

まさかの“恋愛”ドキュメンタリー!? 「1人の男が1匹の雌タコと愛を育む物語」とは

2021/06/08
 

「こんな作品見たことない!」と思わず快哉を叫んだ。今年の米国アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』(ネットフリックスで独占配信中)はまさしく“唯一無二”の作品だ。原題は『マイ・オクトパス・ティーチャー』。こっちの方が断然、しっくりくる題名だ。これは、ある1人の男が1匹の雌タコと愛を育み、大いなる自然の神秘を教わる物語なのである。

「ん?……ちょっと待って。人間とタコが“愛”を育む!?」と訝しむのも当然。人間と異形の生物の“種を超えた恋愛”を描いたギレルモ・デル・トロ監督の名作『シェイプ・オブ・ウォーター』はあくまで劇映画。本作は歴としたドキュメンタリー作品だ。だが、観客は人間とタコの紛れもない“ラブ・ストーリー”を目の当たりにするのである。

 南アフリカの荒波が打ち寄せる岬、喜望峰。その海岸に居を構える映像作家クレイグ・フォスターはある日、海で1匹の雌タコと出会う。その生態に興味を抱いた彼は、ふと「毎日、彼女に会いに行ったらどうなるのか?」と思い立つ。以来、水中カメラ片手に毎日、彼女の元を訪れると、なんと雌タコが“握手”を求めてくるではないか! さらに、愛犬のように胸に抱きつき、唇にそっと吸盤を這わせてくる。タコに関する論文を調べると「犬猫と同等の知能を有する」ことを知る。男は彼女の魅力を知るにつれ、生物や自然に対する深い畏敬の念を抱くようになる。

 あまりにユニークな本作は当初、制作費を出資してくれる会社がなかなか見つからなかったという。すごい映像は撮れているが、どんな作品になるのか想像もつかなかったのだ。だが、ネットフリックスだけは二つ返事で出資を決めたという。またしても、他社が見逃した企画をネットフリックスが引き当てたのだ。“映像業界の賢者”の目利き力にただただ感服する。

INFORMATION

『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』
https://www.netflix.com/jp/title/81045007

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー