昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

保険金詐欺を思いついた映画プロデューサー。しかし事故を起こそうとすればするほど名シーンが誕生し… 「カムバック・トゥ・ハリウッド!!」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

1970年代のハリウッド。B級映画プロデューサーのマックス(ロバート・デ・ニーロ)は、ギャングのレジー(モーガン・フリーマン)から、72時間以内に出資した35万ドルの返済を迫られていた。窮地に追い込まれたマックスは、撮影中の死亡事故で大金を手に入れる保険金詐欺を思いつく。往年の大スターで自殺願望のあるデューク(トミー・リー・ジョーンズ)を主演に起用した、アクションシーン満載の西部劇の撮影が開始される。マックスは初日から、あの手この手で事故を起こそうと画策するが、デュークは間一髪で危険を回避し、次々と名シーンが誕生してしまう。

〈解説〉

『ミッドナイト・ラン』の脚本を手掛けたジョージ・ギャロの脚本・監督作。ニセの映画製作を巡るドタバタコメディ。104分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆名優三人のあえての(?)ドタバタ喜劇。さすがにモタレたが、映画作りの裏側が見られ、ハリウッド観光の気分を楽しんだ。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆すべて定石通りで、意図的に古臭く撮っているが、居直りの背後に職人技がある。こんなカウチでだらけるのも悪くない。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆展開が読めても過剰な演出に大笑い。親しくなるには命がけのご老体の三つ巴、密を避けてしょんぼりの貴兄には是非。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆ロジャー・コーマン風な低予算映画の大雑把な業界模様が楽しい。ユルいノリだが小ネタは丁寧。エンドロールが素敵。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆ジョーンズ扮する不死身のスタアが好い。この3人が主役の映画愛溢る内容で面白くないわけないはずが、既視感否めず。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved

『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』(米)
6月4日(金)よりグランドシネマサンシャインほか全国ロードショー
https://comeback-hollywood.com/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー