昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら…」立憲民主党、刑法改正の議論で性交同意年齢引き上げに賛否

source : 提携メディア

genre : ニュース

性交同意年齢引き上げに賛否 中間報告了承見送り―立憲

立憲民主党のロゴマーク

 性犯罪に関する刑法改正について議論する立憲民主党のワーキングチーム(WT)は7日、刑法で現行13歳の「性交同意年齢」を中学卒業後の16歳まで引き上げることなどを盛り込んだ中間報告案の了承を見送った。

 性交同意年齢とは、性行為を行うかどうか判断できるとみなされる年齢の下限。中間報告案では「成人はいかなる理由をもっても中学生以下を性行為の対象にしてはならない」と明記した。WTの寺田学座長は記者団に「『いかなる』という部分に賛成、反対があった」と見送りの理由を説明した。

 性交同意年齢をめぐり5月10日のWTでは、出席議員から「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」との趣旨の発言があったことも寺田氏は明らかにした。

 後に発言者から「自分の真意ではなく、正確な記憶もない」と撤回の申し出があったとして、寺田氏は発言者が誰かは明かさなかった。

 ただ、同党の本多平直衆院議員=比例北海道ブロック=は7日夜、自身の発言と認めた上で「私の発言は不適切で、おわびして撤回する」とのコメントを発表。福山哲郎幹事長も本多氏を口頭で厳重注意した。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー