昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

「謎の殺し屋集団に毎朝襲われ殺される日常」を繰り返して経験値が高まる…! ゲーム感覚のSFアクション 「コンティニュー」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

デルタフォースの隊員だったロイ(フランク・グリロ)は、毎朝同じ時間に目覚め、謎の殺し屋集団に襲われ、殺されるという日常を無限に繰り返している。死のループから抜け出すヒントを探りながら、何度もトライ&エラーを重ねていくうちに、科学者である元妻ジェマ(ナオミ・ワッツ)から、タイムループの鍵を握る極秘計画「コードネーム“オシリス”」の存在を掴む。蘇るたびに戦闘能力を高めていくロイは、自分に与えられた使命に気づき、ジェマの上司ヴェンター大佐(メル・ギブソン)の企みを阻止しようとする。

〈解説〉

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のジョー・カーナハン監督によるSFアクション。主人公が対戦型格闘ゲームのような世界で奮闘する。100分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆アニメやゲームならともかく、映画でこの話はキツイ。マッチョ幻想につきあいきれず。才気は感じるものの、乗れず。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆死ぬたびにヒーローの戦闘能力が上がるのは笑えるが、アクションに既視感が強い。ごひいきW・サッソの登場でおまけ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆同じ繰り返しから必ず学べと。諦めずに希望を探せと。時間の消失を厭わぬ姿と行動が、退屈じゃなければ楽しめます。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆主演F・グリロのコミカル演技と「ぼやき」的な語りが可笑しい。タランティーノ調のゲーム仕様といった趣も愛嬌あり。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆懐かしいビデオゲームに息を吹き込んだ様なF・グリロの超絶アクション! カーツ大佐な悪メルギブ! 車+銃と見応え有。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2019 Georgia Film Fund 72, LLC All Rights Reserved

『コンティニュー』(米)
新宿バルト9ほか全国公開中
https://continue-movie.jp/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー