昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人目につかないところで話そう」と誘われホテルで…14歳と16歳の保護少女に淫らな行為 横浜児相“わいせつ職員”の悪質手口

「職員だから変なことはしないと思った――」

 少女2人に淫らな行為をしたとして、神奈川県警は5月26日、横浜市中央児童相談所に勤める八木下海斗容疑者(23)を児童福祉法違反容疑、大野正人容疑者(27)を県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕。

 少女らは警察に対し、冒頭のように答えたという。

◆◆◆

 児童相談所(児相)は虐待などの事情を抱える17歳以下の子供を一時的に保護する「一時保護所」を持つ。被害者のA子さん(14・中学3年生)とB子さん(16・高校1年生)は入所した際、一時保護係の両容疑者と知り合っていた。

 そして退所後、八木下はA子さんと、大野はB子さんと連絡を取るようになる。

「A子さんは昨年の夏頃、八木下のSNSをフォローして会うようになった。やがて『人目につかないところで話そう』と誘われ、4月15日、横浜市内のラブホテルで性的な関係を持った」(全国紙社会部記者)

横浜市中央児相

「関係を壊したくなかった」断りきれなかった少女たち

 B子さんは退所後に児相を訪れた際、大野と再会して電話番号を渡された。

「そして、昨年10月30日にラブホテルで大野から体を触られるなど、猥褻な行為をされたのです」(同前)

 本来、職員と保護された児童は、連絡先を交換してはならないルール。だが児童は様々な悩みを抱えており、被害少女らも、職員なら親身に話を聞いてくれる、と安心していたという。

「少女らは性的関係になることは望んでいなかったが、『関係を壊したくなかった』と断りきれなかったようだ」(捜査関係者)

 4月下旬、大野とB子さんの関係を指摘する告発で発覚し、児相は県警へ相談。聞き取り調査をする中で、八木下とA子さんの関係も明るみに出たという。