昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

男性向けレッスンもスタート

「きっかけはコロナです。世界中で自粛となって、外に出られなかったり、身体を動かしたりすることができなくなった。そんななかで、家でもできる簡単なトレーニングを伝えたいと思ったんです。身体を動かすと健康になり、心身ともに活力が湧いてくるのは、私もスケートを通じてすごく感じていたことですから」

 スタートしたのは1回目の緊急事態宣言が出た昨年春。参加者はファンを中心に、安藤より若い世代から母親世代まで幅広いという。

レッスンの案内(安藤のツイッターより)

「同じ時間を共有することで、みなさんとのつながりを忘れないようにできる場にもなっています。リピーターの方もいらっしゃって、『健康を維持できてる』っていう方もたくさんいらして、良かったなと感じています」

 今年に入ってから、男性向けに1レッスン4800円のクラスも始めた。

「(当初)女性限定にしたのは、女性同士だからこそ、恥ずかしがらずに安心できる場にしたかったんですよ。正直、いろんな思いを若い頃からしていたので、男性はちょっと……と考えていたのですが、応援してくださる男性の方もたくさんいらっしゃって、リクエストがあり、女性とはちょっと違うかたちで行っています」

安藤美姫

――ドラマの殺人犯役に驚いたが?

「そうですね……。でもお話を頂けただけでもすごく有難いことだと思いましたので、自分なりにきちんと感情をこめて、監督のお話も理解するようにしながら演じました」

 今もスケートのトレーニングは欠かしていない。

「アイスショーが復活すれば、みなさんの前でまだ演技していきたいなと思っています」

 コロナ禍でもたくましさを見せる安藤なのだった。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー