昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キムタク&静香の次女・Kōki,いきなり主演で映画デビュー

 木村拓哉(48)と工藤静香(51)の次女でモデルのKōki,(18)が、いきなり主演で映画界にデビューすることが「週刊文春」の取材で判明した。

 ファッション誌「ELLE JAPON」(2018年7月号)の表紙を飾り、15歳でモデルとしてデビューして約3年。これまで日本や中国でインフルエンサーとして活動してきたKōki,。今年3月には日本人として初めて、アメリカの高級化粧品・エスティローダーのグローバルスポークスモデルに。同時期にはこんな騒動もあった。

「ヴァレンティノの広告で、Kōki,が着物の帯を想起させる布をヒールで踏む表現があり、日本の文化を冒涜していると大炎上。同社は謝罪に追い込まれ、広告を削除する騒動に発展しました」(芸能プロ幹部)

Kōki, ©共同通信社

 そんな彼女の肩書きに、未経験だった“女優”が加わることになる。

「初主演映画の題材はジャパニーズホラー。『犬鳴村』と『樹海村』を立て続けにヒットさせた清水崇監督による、さらなる続編への大抜擢で、6月中にも地方都市でクランクインの予定です」(配給会社関係者)

 木村家ではフルート奏者でモデルの長女・Cocomi(20)が、明石家さんまプロデュースのアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(6月11日公開)で声優デビューを果たしたばかり。実は同時期、密かに進行していたのがKoki,の女優デビュー計画だった。

長女のCocomi

「今年創立70周年を迎えた配給大手の東映が、目玉作品のひとつとして企画しているのが清水組の新作ホラー。昨年2月に公開された『犬鳴村』が興行収入14億円を叩き出し、今年2月公開の『樹海村』も約6億円とコロナ禍で健闘した。第3弾の企画が急ピッチで進められ、脚本が完成するより前にKōki,のキャスティングが決定したといいます。監督の清水氏は、米国で『THE JUON/呪怨』(04年)をランキング1位、120億円以上の大ヒットに導いた実績がある。作品が将来、海外に輸出されることや米国でリメイクされる可能性も視野に入れているのでしょう」(映画関係者)

 東映に事実関係を尋ねると

「当社としましては、回答を差し控えさせていただきます」

 と答えた。

マスク姿の静香とKōki,(左)

 6月16日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び17日(木)発売の「週刊文春」では中国やアメリカを視野に、2人の娘をプロデュースする静香の野望やその原点、また木村拓哉の映画次回作の詳細などについても詳しく報じる。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版を見てみる

この記事の写真(10枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー