昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ヘリコプター無許可営業で逮捕 48歳社長の口説き文句「ヘリは落ちないけど…」

 国の許可を得ずに有料で客をヘリコプターで送迎したとして、警視庁保安課は6月9日、ヘリコプターのシェアリングサービスを手掛ける会社「クリアネット」社長・佐藤秀臣容疑者(48)ら2人を航空法違反の疑いで逮捕したと発表した。

 警視庁担当記者の解説。

「操縦士の免許を持っていた佐藤は12年にクリアネットを設立。ただ、航空事業者の許可は取っていませんでした。ところがクリアネットは17年以降、ヘリコプターで都内のヘリポートと静岡県内のゴルフ場を往復するなど、500回以上のフライトで8000万円近くを売り上げていた。調べに対し、『国の許可を得るのは敷居が高かった』と容疑を認めているようです」

押収されたクリアネットのパンフレット ©共同通信社

 クリアネットが提供していたのはヘリコプターだけではない。リムジン、クルーザー、フェラーリ、ビジネスジェット……“セレブの象徴”を顧客にシェアしてきた。民間信用調査会社によれば、16年11月期には約1億円だった売上高が、昨年11月期には約3億円まで伸びている。

「主な顧客は投資家や企業経営者、中には芸能人も居たようですが、本当の富裕層はシェアしたりしない。同社のヘリコプターや高級車は、むしろ女性を口説きたい“小金持ち”の男性が、セレブ生活を演出するのに最適なツールとして人気を集めていました」(同前)

 さらに、顧客への説明資料では「中古機体を購入することで費用を抑える」と記すなど「節税」メリットも強調する一方、安全性は蔑ろにされてきたという。