昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

「河本さんは2人でいると、人前では見せないようなテンションでふざけることもありました。一緒にいるととても楽しかったです。当時、私には交際している人はいなかったのですが、1カ月前に別れた元彼と一緒に契約した家に住んでいたんです。でも河本さんと交際するならそのままそこへ住み続けるわけにもいかず、18日以降は河本さんの自宅で同棲を始めました。その頃は休日に箱根旅行に連れていってくれたり、素敵なレストランに連れていってくれたり、幸せな日々でした」

 しかし程なくしてトラブルが起きる。10月22日、A子さんのもとへ、ある女性からインスタグラムでDMが送られてきたのだという。彼女は「河本さんの彼女」だと名乗った。

河本氏の「彼女」から送られてきたメッセージ

「彼女はB子さんという方で、私と河本さんが交際を始めた後にも、河本さんと一緒に旅行に行ったと言うんです。その日は確かに、河本さんが『出張だから』と数日家に帰ってこなかった。しかもB子さんいわく、河本さんは私やB子さん以外にも複数の女性と関係があると。B子さんは私が未成年で、ホームパーティで河本さんらと一緒にお酒を飲んだことも知っていました」

河本氏の自宅で行ったホームパーティ。右端はA子さん

 A子さんは河本氏に疑念を抱いたが、B子さんから連絡があったことを伝えた。すると河本氏はすぐに謝罪し、「B子にはすぐに別れを告げるつもりだった」と弁明をしたのだという。続けて「もう会わないから。ごめんね」と重ねて謝罪され、A子さんは怒りをおさめた。河本氏の“浮気事件”は決着したかに見えたが、水面下で事態は深刻化していた。

 10月29日夜、河本氏とA子さんが高級ホテルに宿泊していた際、河本氏の携帯に着信があった。それは前澤氏と親しい実業家・X子氏からだった。

「河本さんは『X子さんから電話だ』とぼやきながら電話に出たのですが、話し始めた途端に挙動不審になったんです。私のほうをチラチラ見るので、スピーカーにして聞こえるようにしてもらったら、X子さんが河本さんに『あなた未成年と付き合っているの?』『一緒に飲酒したの?』と矢継ぎ早に聞いていて……。

 突然のことに河本さんはかなり焦っていました。最初は私の年齢を知らないと誤魔化していたのですが、最後には未成年と知って飲酒させたことや、現在交際していることを認めていました」

 X子氏は、週刊誌「Y」から連絡を受け、河本さんとA子さんとの交際を取材している記者がいることを知ったのだという。「Y」は未成年少女と若手有名経営者が恋愛をしていることについて取材をしていたようだ。