昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

   
週刊文春 電子版

《被害女性に顔を寄せる容疑者写真》「ホンマ好きっすね」とイジられた56歳会社員は…大阪カラオケパブ刺殺

「小田和正を歌っていました」

 普段は物静かな宮本容疑者だが、緊急事態宣言で店内でのカラオケが中止になる前は、自らマイクを握ることもあったという。

「彼は地味なサラリーマンという感じで、服装はいつもスーツ。場を盛り上げたり会話の中心にいるタイプではなかったですが、小田和正を歌っているのは見たことがあります。『ごまちゃん』は年齢層が高めのお客さんも多いので、店内でよく小田和正やサザンオールスターズのライブ映像を流していたんですが、そのライブ映像も楽しそうに見ていましたね」(同前)

稲田真優子さん 本人ツイッターより

 前出の友人は、今も稲田さんの死が信じられないと言葉を詰まらせた。

「昔からまゆちゃんはアニメが好きで、この間話した時も『魔法少女まどか☆マギカ』の新作が出るから楽しみだと話していました。『綺麗になりたい』と言ってライザップに通ってダイエットも頑張っていました。一生懸命働いて自分の店を持って、家族の面倒も見て、本当にいい子だったのにこんなことが起きてしまって……」

 妻子が待つ自宅に帰るよりも、稲田さんが笑顔で迎えてくれる「ごまちゃん」に通うことを選んだ宮本容疑者。11日、店を訪れたその2人の間で一体どんなやりとりが交わされたのか。

 宮本容疑者は「店には行ったが、やっていない」と容疑を否認しているという。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(12枚)

メルマガで最新情報をお届け!

メールマガジン登録

source : Webオリジナル(特集班)

genre : ニュース社会

×