昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

フジ月9 竹野内豊「イチケイのカラス」の映画化が決定した

 今クール(4月~6月期)、伝統ある「フジ月9」枠で好評を博した連続ドラマ「イチケイのカラス」が早くも映画化されることが「週刊文春」の取材で判明した。

主演の竹野内豊

 フジテレビ関係者が明かす。

「30分拡大版で放送された最終回(6月14日放映)の視聴率は番組最高タイの13.9%。全話で2桁達成の快挙に局の上層部もご満悦です。実は、早くも来年公開を目指して映画化の企画が水面下で進行しているのです」

 お堅いイメージの法廷ドラマに彩りを添えたのは、型破りな裁判官を演じた竹野内豊(50)の脇を固めたクセ者たちだった。東大法学部卒の堅物裁判官を演じた黒木華(31)や、ベテラン裁判官を演じた小日向文世(67)だ。

先々まで仕事が決まっている小日向 ©文藝春秋

「すでに主演の竹野内さんはもちろん、他の主要キャストについても映画撮影用のスケジュールが確保されています」(同前) 

 フジテレビの「月9」と言えば、木村拓哉(48)が検事役を演じた「HERO」や、福山雅治(52)主演の「ガリレオ」シリーズ、長澤まさみ(34)が天才的詐欺師を演じる「コンフィデンスマンJP」などが、連ドラで好評を博し、映画化されてきた歴史がある。

黒木華 ©文藝春秋

「フジでは、これまでも数多くのドラマ発の映画が制作されてきましたが、最近局内ではそれをさらに強化しようという流れになっています」(同前)

 6月23日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」および24日(木)発売の「週刊文春」では、「イチケイのカラス」に出演していた小日向文世の知られざる素顔や、黒木華や長澤まさみらとの意外なやり取りについて報じている。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー