昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

伊藤沙莉27歳はなぜ売れる?…いじめっ子から風俗嬢まで他の女優にはできない役選び

 6月28日に最終回を迎える「いいね!光源氏くん し~ずん2」(NHK)で、ヒロイン役を務めているのが伊藤沙莉(さいり・27)だ。

「平安時代からタイムスリップしてきた光源氏(千葉雄大・32)が主人公というラブコメだが、前シリーズが4%前後と、同局『よるドラ』枠としては上々の視聴率をあげたのに続き、今回も好調。伊藤は奇抜な設定にもハマる器用な演技を見せている」(放送記者)

 その少々ハスキーがかった声で、今期の連ドラ「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジ)のナレーションも担当した伊藤。昨年以降、連ドラ3本、映画8本出演と露出を増やしている。

現在、舞台「首切り王子と愚かな女」出演中

 伊藤は子役の出身。本人がテレビで語ったところでは、父親が「若干やらかして飛んだ(蒸発した)」ことで姉、兄(漫才コンビ「オズワルド」の伊藤俊介)と共に母親に育てられた。

 2003年、9歳の時、友達と一緒に受けたドラマのオーディションに合格。最初は仕事という概念が理解できず、マネージャーに反抗したこともあるとインタビューで吐露している。

 だが2年後、はまり役に出会う。“いじめっ子”だ。

「『女王の教室』(日テレ)での志田未来に対するいじめっぷりが話題を呼んだ。07年の『演歌の女王』(日テレ)でも端役ながらいじめっ子を演じ、14年の『GTO』(フジ)でも小芝風花をいじめる役。丸い童顔の目が意地悪く据わる瞬間は、地じゃないか? と思わせる迫力だった」(同前)