昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本当はもうちょっとカッコよく生きたかったんですよ」爆笑問題・太田光が“エリート路線から外れた”とき

2021/06/29

source : 提携メディア

genre : エンタメ

爆笑問題・太田光「もっとカッコよく生きたかった」笑いのために、居場所を探しつづける

 

爆笑問題・太田光は、自身のキャリアを振り返ってこう語る。「テレビ史に残る仕事なんて、なんにもなかった」。それでも、彼への憧れを口にする若手はあとを絶たない。それは太田光が自身の芸、そして「大衆」と愚直に向き合ってきた証左だろう。自分の思ったことしかしゃべれない男は、迷いながら、揺れ動きながら、今よりも“もっと面白い未来”を見据えている。

【関連】爆笑問題・田中裕二「目標も上昇志向もない」悩みゼロ人間の生き方

※この記事は『クイック・ジャパン』vol.156(6月24日発売)のインタビューを一部抜粋したものです。

物申すなんてカッコ悪くて、やりたくない

 

──太田さんは世論に流されずに、自分の意見をはっきり主張してきましたが、それに対する周囲の誤解や反発についてどのようにお考えですか?

太田 どっかからクレーム来たとか、それはもう大変ですよ。その都度、「ああ、失敗した」って一喜一憂しながら……って感じですね。社長に怒られて、謝って謝って……っていう。「もう二度とトラブルを起こすまい」っていうのの繰り返し(笑)。ずーっと、そうですよ。

──それでも主張することはやめられない。

太田 やめられないっていうか、何を話せばいいかっていうと、自分の思ってることしか話せないから。だから、言ってるときには、まさかそんな大ごとになるとも思ってないしね。そこはもう未だに読めないですよね。計算できない。

──太田さんはビートたけしさんの著書『時効』の解説で、たけしさんに対して「ひとりの人間の価値観とか生き方を大きく変えた」ことを、「悪事」「罪」と表現して「それには時効がない」と書かれていました。そういう意味で、太田さんの発言も周囲に多大な影響を与えてるのはかなり「重罪」だと思いますが。

太田 フフ、そうかな? (立川)談志さんも、(ビート)たけしさんも、俺はやっぱりあの人たちに相当、悪影響を受けたからね。悪いことを吹き込まれたから(笑)。だから、もし自分が若い人にそこまでやれてるとしたら、うれしいですよね。