昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/29

source : 提携メディア

genre : エンタメ

爆笑問題・太田光「もっとカッコよく生きたかった」笑いのために、居場所を探しつづける

──「純粋な混じりっ気のないコント番組がやりたい」と前からおっしゃっていましたが、それがテレビでなくてもいいと。

太田 今までずーっと俺はテレビにこだわってたんだけど、いろんな入口ができてるから。それこそもしかしたらYouTubeなんかでお笑いができちゃう時代になるのかなって。

──そうした考えはちょっと前までは持っていなかったと思うんですけど。

太田 そうそう、最近だね。

──それは、心境の変化があったんですか?

太田 心境の変化というよりは、まわりの環境の変化かな。中京テレビで『太田上田』っていうのを始めたときに、最初は地方で適当にしゃべってればいいやって思ってやってたんです。そしたら、あの番組が勝手にYouTube始めたんだよね。それがけっこう評判いいって話になって、実際「観てます」って言われることが多くなって、そういうパターンもあるのかって。自分もテレビは観るけど、YouTubeに限らず、Netflixも観てたりね。Amazonプライムとかでも、いいもの作れるんだなってわかってきたし。

……それとは別に、たとえばさんまさんっていう人は、本当にテレビの申し子みたいな人なんだよ。だからあの人は美意識が高くて「テレビを守るんだ」っていう思いが強いんだけど、俺らはそこまでいけてない人間だから。さんまさんがやってきた『(オレたち)ひょうきん族』やら、『笑っていいとも!』やら、『さんまのまんま』、『(踊る!)さんま御殿!!』……ああいうテレビで大ヒット番組を連発してる人には、俺らは遠く及ばないからね。俺はどっかに自分の居場所はないのかって常に探しているような状態だから。もしネットのほうで、やりようがあるならそれはそれでいいかなと思うんだよね。

 

──選択肢が増えたことは芸人さんにとってもいいことですよね。

太田 いいことっていうか、これからまだ変化すると思う。つまり、たとえば『太田上田』がYouTubeで評判いいよってなったときに、お客さんがどこまでテレビに帰ってきてくれるのかっていうことですよ。で、じゃあもう一回これを地上波のど真ん中で、っていうところまで行けるかどうか。あるいは、Netflixとかでうんと金かけてやれば、そっちのほうがいいものができるかもしれない。