昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/29

source : 提携メディア

genre : エンタメ

爆笑問題・太田光「もっとカッコよく生きたかった」笑いのために、居場所を探しつづける

──特にテレビの場合、スタッフとの共同作業という側面もありますよね。

太田 本当に自分はいち出演者でしかないからね。演出をするわけでもないし。若いころは「もっとこうしてほしい」とか口出したりもしたけど、それこそ今は、テレビは共同作業だからおもしろいって思ってるから。自分をどういうふうに料理してもらえるのかっていうのは、全部任せる。

──番組がリニューアルしたり、方向性が変わることも多いと思います。そういうときにも、何か提案することはないんですか?

太田 特にはないですね。だって俺が考えてるようなことはたいてい、一般ウケしないからね(笑)。番組って長くやってりゃ、そのうち数字は落ちて迷走し出すわけですけど、そんなのもうしょっちゅうだしさ。でも、つづきさえすれば、みんなが食っていけるわけだから。本当にそれは、俺は別にそこにはなんのこだわりもない。つづけるためなら、「おもしろかったのに」って思ったとしても、それを変えることに関しては何も思わない。つづけるためならなんでもやりますって感じですね。

──今まで太田さんはずっと「笑われる役でいたい」とおっしゃっていたと思うんですけど、だんだんキャリアを重ねていくと、スタッフ側から求められる役割も変わってきたりしませんか?

太田 いや、そんなに変わってない。たとえば『27時間テレビ』に俺が行くじゃない? そうするとさ、番組側も俺の出しろをまったく用意してくれないからね。そういう中で自分がピエロで出て行って、誰も笑わないみたいな。ハハハハハハ(笑)。

爆笑問題『クイック・ジャパン』vol.156 表紙

『クイック・ジャパン』vol.156では、田中裕二と太田光それぞれに約9000字のロングインタビューを実施。『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』の密着取材、ハライチ岩井勇気や空気階段による“爆笑問題イズム”語りなど、世代を超えた多くの関係者からの証言も集まっている。特集の最後にはタイタン社長・太田光代からの総括も掲載。
また、楽天ブックスでの数量限定発売となる『クイック・ジャパンvol.156 特別版』は、『爆笑問題カーボーイ Quick Japan出張版』として、爆笑問題のトーク音声がダウンロードできるコードが付録している。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー