昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小沢健二53歳、カリスマシンガーPORINと深夜のホテル密会

 1990年代に「愛し愛されて生きるのさ」「ラブリー」「強い気持ち・強い愛」などヒットソングを連発したシンガーソングライターの小沢健二(53)。叔父に世界的指揮者の小澤征爾をもち、自身は東大文学部卒。その都会的な音楽性に華麗な経歴、スマートなルックスも相まって“渋谷系の王子様”と称された。

 98年に米国に移住。2009年に米国人写真家の女性と結婚し、二児を儲けた小沢。数年前に再び日本に拠点を移し、精力的に音楽活動を繰り広げている。

5月に新曲「泣いちゃう」を配信した小沢

 その小沢は今、ある女性と親しい関係にある。

 女性の名はPORIN(30)。今年、大ヒット映画「花束みたいな恋をした」(主演・菅田将暉、有村架純)の“インスパイアソング”としてリリースした「勿忘(わすれな)」でブレイクした3人組、Awesome City Clubのボーカルだ。

作詞も担当するPORIN(Instagramより)

「スタイリッシュな曲が若者の支持を集め、今年の紅白出場も有力視されている。PORINは鮮やかに染めた青い髪がトレードマークで、アパレルブランドも持つなど幅広く活躍。20代男女の新たなカリスマとなっている」(音楽ライター)

 5月21日、「ミュージックステーション 2時間スペシャル」で共演した小沢とPORIN。仕事場を構える都心のホテルAに戻った小沢に続くようにして、PORINもAに向かった。だが突如、踵を返して外に出た。

深夜、ホテルPに移動するPORIN

 約10分後、黒いニット帽をかぶった小沢もホテルの外に姿を見せた。タクシーを拾って1キロ先のホテルPへ。程なくしてPORINも同じ部屋に消えていったのである。

逢瀬の翌朝、タクシーを待つPORIN

 週刊文春の取材に対し、PORINは男女関係を否定。一度はホテルPに行ったことも否定した。だが、再度関係を訊ねると、「いやぁ……それは……」と言葉を濁し、こう吐露した。

「こういう場合はどう答えればよいのかちょっと。小沢さんの方が知っているかもしれないですね。芸能界が長い方なので」

 改めてPORINの所属事務所に訊いたところ、交際については否定したが、ホテルPの滞在については「事実です」と認めた上で、「お互い多忙を極めていたのでテレビ番組で共演させて頂いた流れで、その日のうちに打ち合わせをしようという流れになりました」と回答した。

 小沢にも取材を申し込んだが、締切までに回答を得られなかった。

紅白初出場時、27歳の小沢

 小沢とPORINの関係はいつから始まったのか。2人の密会の詳細や小沢の人となり、PORINとの一問一答など、グラビア頁と併せ、詳しくは6月30日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び7月1日(木)発売の「週刊文春」が報じている。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版を見てみる

この記事の写真(10枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー