昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

海外の捜査に比べると“周回遅れ” ついに「日本版FBI」が誕生か

 国際的なサイバー攻撃などに対応するため、警察庁が2022年度から「サイバー局」を新設することを6月24日、公表した。新たな局の創設は、1994年に刑事局から独立した生活安全局以来となる。

サイバー局新設に意気込む警察庁の松本光弘長官 ©共同通信社

 警察庁によれば、昨年1年間に確認したサイバー攻撃とみられる不審なアクセスは、1日平均6506件に及ぶ。前年比で55%増という急増ぶりだ。

 社会部記者の話。

「警察庁は新たな組織図の図解入りで詳細な発表を行いました。これまでサイバー攻撃などを捜査してきた警備局、サイバー犯罪を捜査してきた生活安全局などから部署を引き抜き、一体化させることで捜査の効率性を高める狙いです」

 組織改編に踏み切ったのは、サイバー空間における捜査の「敗北」の連続が端緒といえる。三菱重工などの安全保障業界へのサイバー攻撃でも犯人すら判らず仕舞い。犯行が海外のサーバーを経由しているというだけで、捜査が頓挫してしまうこともざらだった。

「民間の調査の方が進んでいることすらあった。海外の捜査からは周回遅れという印象です」(IT関係者)