昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈離婚成立〉小川彩佳アナ夫 医療ベンチャー経営者が緊急事態宣言下の不倫を謝罪

 7月1日、報道番組「NEWS23」(TBS系)のキャスターを務めるフリーアナウンサーの小川彩佳氏(36)と、医療ベンチャー「メドレー」の前代表・豊田剛一郎氏(37)の離婚が成立したことが報じられた。小川アナウンサーは「離婚したことは事実です」とコメントを発表している。

 2人の結婚は2019年。2020年には第一子も生まれた夫婦の間に生まれた亀裂について、 週刊文春は詳しく報じていた。当時の記事を公開する(初出「週刊文春」 2021年2月11日号)。

◆◆◆

 TBS系の報道番組「news23」でメインキャスターを務める小川彩佳アナ(35)。その夫で、医療ベンチャー「メドレー」の代表取締役医師、豊田剛一郎氏(36)が、緊急事態宣言の最中、愛人女性と密会を重ねていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

小川彩佳アナ ©文藝春秋

 豊田氏は東京大学医学部を卒業後、都内の病院で脳神経外科医として勤務。その後、外資系コンサルティング大手のマッキンゼー勤務などを経て、中学時代の同級生が創業したメドレーの共同代表に就任した。

「メドレーはスマートフォンなどを使った遠隔医療サービスを手掛け、2000を超える医療機関にオンライン診察システムを提供しています」(経済部記者)

 2019年12月に東証マザーズに上場。発行済み株式の11.6%を保有する豊田氏の含み益は、単純計算で180億円を超える。

「昨年11月14日には、オンライン診療の推進を掲げる菅義偉首相とも都内のホテルで面会していました。首相も豊田氏のことは『応援している』と高く買っています」(首相周辺)

医療系ベンチャーの経営で脚光を浴びる豊田氏 ©共同通信社

 豊田氏はNHKを筆頭に、メディアにもたびたび露出。「日本の医療を変えていく」と公言し、古い体質が残る医療界の改革者としても脚光を浴びてきた。

 そんな豊田氏が1年余りの交際を経て、小川アナと入籍したのは、2019年7月16日のこと。2020年7月29日には、待望の第1子が生まれた。小川アナは同年10月19日、産後3カ月のスピードで、「news23」に復帰。ただ、仕事と育児の両立については苦労も多いようで、辛さのあまり、時にシャワーを浴びながら泣くこともあるという。

 ところが、その傍ら、夫の豊田氏は妻とは別の女性と不倫関係に陥っていたのである。

 相手の女性は小川アナと同い年のA子さん。小柄で、涙袋が特徴的な安達祐実似の美女だ。普段はウェブデザインの仕事をしているという。

 A子さんの知人が明かす。

「3年ほど前に出会った豊田さんとA子さんは、2019年夏、逗子でのクルージングで急接近し、親しい関係になっていったようです」

逗子でのクルージングを楽しむ豊田氏とA子さん ©文藝春秋

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1都3県を対象に緊急事態宣言が発出された1月8日以降も、豊田氏は複数回、A子さんの自宅マンションを訪問。2人で外出することもあった。