昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 さらに4月2日にも自宅近くのマンションに侵入。建物内で待ち伏せし、帰宅した19歳の女子大生の頭をゴムハンマーで数回殴った。林は「カネを取ろうとはしていない」と否認したが、強盗傷害と住居侵入容疑で再逮捕・起訴された。

 町田に転居する直前まで、林は富山市内の更生保護施設に入っており、事件当時は無職だった。林が住んでいたアパートの大家が語る。

「17年の4月に富山市から引っ越して来て、翌年の6月中旬頃に退去しました。18年3月頃から3〜4カ月分家賃を滞納していて、ちょうどその時期に捕まったんですね。保証会社が荷物を整理し、私も立ち会ったが、インターホンが内側から引き千切られていたのを覚えています」

立てこもりの4日前に風俗店従業員が襲われた事件も…

 町田の事件で服役し、出所後はネットカフェを転々とする生活をしていた林。立てこもり事件の4日前にも女性を襲っている。

3年前の逮捕時(JNNより)

「6月13日の明け方、横浜市内のホテルで風俗店従業員(22)が客の男に首を絞められた後に手足を縛られ、現金約32万円を奪われたのです。現場に残されていた指紋と林の指紋が一致しており、この事件も林の犯行と見て捜査を進めています」(別の警察関係者)

 立てこもりの際、所持金は数百円だった林。捜査員には町田の事件で逮捕された時の不満を口にしていたという。だが、逮捕後は動機について「言いたくない」と話し、黙り込んでいる。

 卒業文集に〈僕の伝説はこれから始まるのです〉と記した少年は、悪名のみを轟かせてしまった。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー