昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

伊藤詩織さんに対する悪質な中傷ツイートで、元東大特任准教授・大沢昇平氏に賠償命令

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

伊藤詩織さんの名誉毀損認定 元特任准教授に賠償命令―東京地裁

判決後に記者会見する伊藤詩織さん(中央)=6日午後、東京都千代田区

 ジャーナリストの伊藤詩織さんが東大大学院元特任准教授の大沢昇平氏にツイッターで名誉を毀損(きそん)され、精神的損害を受けたとして、110万円の賠償を求めた訴訟の判決が6日、東京地裁であり、藤沢裕介裁判長は訴えを認め、33万円の支払いと投稿の削除を命じた。

 判決によると、大沢氏は昨年6月、伊藤さんと同姓同名の通名を使用する外国人の破産手続きを開始したとする官報の画像を添付し、ツイッターに「伊藤詩織って偽名じゃねーか!」と投稿。それ以前にも伊藤さんが名誉毀損で別の人物を提訴したことに触れ、「全く支持できない」「よりセコく見えちゃいますね」などと書き込んでいた。

 訴訟で大沢氏側は、伊藤さんについて言及したものではないなどと主張していたが、藤沢裁判長は「普通の注意と読み方をすれば、原告を指しているのは明らか」と否定。投稿は伊藤さんが多額の負債を抱え、破産手続きの開始決定を受けたような印象を与え、社会的評価を低下させるとした上で、「読者の誤認を誘引する演出を加え、悪質」と結論付けた。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー