昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈離婚成立〉「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」

 卓球女子の五輪メダリスト、福原愛さん(32)と江宏傑氏(32)の離婚が成立した。

 福原さんのマネジメント事務所が8日、発表。2人は連名で「子供達については、共同親権となりますので、少しでも子供達への影響を減らすことができるよう、それぞれ努力いたします」「私共の結婚に際して祝福して下さった方々、またご迷惑をお掛けした皆様に重ねてお詫び申し上げます」とコメントした。

 2016年9月に結婚して約5年。二人の子どもに恵まれた夫妻に何があったのか。以前「週刊文春」は福原の夫の“モラハラ”について報じていた。ここに記事を再公開する(日付、年齢等は掲載時のまま)。

◆◆◆

 元卓球日本代表の福原愛(32)が、元卓球台湾代表の夫・江宏傑(32)と離婚協議に入っていることが「週刊文春」の取材でわかった。夫とその家族による「モラハラ」が続き、離婚を決意した福原は、今年1月に夫に離婚を伝えたという。

結婚会見 ©文藝春秋

 福原は女子団体で銅メダルを獲得したリオデジャネイロ五輪直後の2016年9月、江と結婚。翌2017年2月には、東京ディズニーリゾートで盛大な結婚披露宴を行った。

 以降、台湾に拠点を移した福原。2人の子どもにも恵まれ、インスタグラムでは親密な2ショットを頻繁に投稿するなど、幸せな家庭を築いているかに見えた。

番組内で何度もキスを重ねる2人「幸福三重奏」(「騰訊視頻」より)
「幸福三重奏」(「騰訊視頻」より)

 ところが、福原の知人はこう明かす。

「最初の出産の時、愛ちゃんはつわりが本当に大変だったのですが、江クンから何回も酷い言葉を投げかけられていました」

 福原が第1子となる長女を出産したのは、2017年10月のこと。つわりが重く、何度も吐いたりすると、江からは「栄養がいかない」と叱られていたという。

「それでも、愛ちゃんは『私のホルモンバランスが悪いだけ』と自分を責め続けていました」(同前)

芸能界デビューした義姉(SNSより)