昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

自民党“魔の3回生”56歳 引退の理由は50代タレントと“W不倫”

 次期総選挙への不出馬を表明した自民党の安藤裕衆院議員(56)。その理由が女性問題と報道されたことに対し、6月26日、ユーチューブで「そのような事実は一切ない」と釈明したのだが――。

 神奈川県出身の安藤氏は慶大卒業後、相模鉄道に入社。税理士活動を経て、2012年に自民党の落下傘候補として京都6区から出馬し、初当選。安倍政権では内閣府政務官も務めた。

安藤裕衆院議員

「現在当選3回で、いわゆる“魔の3回生”ですが、党内若手有志の議員連盟『日本の未来を考える勉強会』の会長を務め、経済政策の分野で注目を集めていました」(政治部記者)

 23歳で結婚し、2人の子もいる安藤氏。ただ、妻は神奈川在住で、選挙区には顔を見せない。そのことを前回選挙時に支援者らに問われ、「妻は病身で、週に3〜4回透析を受けている」と明かしていた。

 病身の妻を労りつつ、政治活動する政策通――。だが今年3月、不穏な空気が漂い始めた。自身のツイッターにこう投稿したのだ。

〈離婚調停中です〉

 突然の告白の背景には、ある女性の存在があった。