昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

幼い頃のあだ名は“頑固ちゃん” 真っ直ぐな女優・芳根京子の“親孝行伝説”

「本当にこの仕事が向いているのか、わからなかった」

 6月25日、主演映画の舞台挨拶でそう葛藤を打ち明けたのは女優の芳根京子(24)。「半径5メートル」(NHK)ではヒロインの女性週刊誌の編集者役を熱演した彼女の素顔は……。

◆ ◆ ◆

「まだ芝居に自信がない」と低い自己評価

 主演映画「Arc アーク」の初日舞台挨拶では、大粒の涙を流し、客席に背を向け嗚咽するひと幕も。

「石川慶監督から出演を打診されたのは、彼女が芝居との向き合い方に自信を失いかけていた時期だったといいます。力不足を理由に一度は固辞したが、粘り強い説得に応えて出演を決めた」(映画記者)

 劇中では不老不死の手術を受けたという設定で、17歳から100歳以上までを演じた。撮影中は困難に直面する度に涙を拭いながら乗り越えたという。

「周囲も演技を高く評価しましたが、いまも『まだ芝居に自信がない』と自己評価は低い」(同前)

真っ直ぐさゆえ、現場に緊張が走ったことも

 中学時代にギラン・バレー症候群を発症して克服。高校生の頃、友達と行ったライブ会場でスカウトされ、芸能界へ。

「幼い頃から負けん気が強く、ストイックな性格で学校の先生につけられたあだ名が『頑固ちゃん』。16年に主演したNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の役柄と同じく、良くも悪くも一直線な性格」(同前)

 真っ直ぐさゆえ、「半径5メートル」では現場に緊張が走ったこともあった。

「チーフ演出を担当した映画監督の三島有紀子さんは職人肌でのめり込むタイプで、撮影がかなり押した。彼女の演出に芳根は疑問を抱き、ストレスを溜め込んでいた」(NHK関係者)

連ドラで共演した永作博美(左:芳根のインスタより)

 決定打となったのが第2話のラブシーン。背中の肌を見せるか見せないかで、芳根と三島氏が対立。三島氏は3話目から演出を外れた。また当初は全10回の予定だったが、6月25日放送の第9話で最終回を迎えた(NHKは「番組の制作過程についてはお答えしておりません」。三島氏の事務所や芳根の事務所は「NHK様の制作番組になりますので、弊社がお答えする立場にございません」と回答)。