昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

A子さんへの家賃支援は月10万2000円

 豊田氏は入籍から約1カ月後の19年9月2日、A子さんに〈俺が24万+引っ越し(わずかだけど)払ったる。それが一番筋通っている気がするので〉〈月10.2で良いよー〉などとLINEを送っている。

 A子さんの知人が明かす。

「当時引っ越しを考えていたA子に、敷金など初期費用と、毎月の家賃のうち10万2000円分を支援すると伝えてきたのです。新たなマンションで暮らし始めたA子は支援に感謝していました」

豊田氏と“白ビキニ愛人” ©文藝春秋

 他にも、豊田氏は個人会社名義で“密会部屋”を借りたりもしていた。家賃は推定20万円。さらに、

「2人で旅行に行った際の旅費やゴルフ代、ご飯代はいつも豊田さんが支払っていました」(同前)

小川アナが許せなかった2人の“不倫旅行”

 昨年10月29日、2人の姿は沖縄県の離島・渡嘉敷島にあった。

「1泊3万円以上はする高級リゾート『K』に宿泊。3泊4日の旅行を、A子は『ダイビングをして部屋でまったりし、エッチをして音楽を聴いて寝て。またヤっての繰り返し』と振り返っていました」(同前)

那覇に向かってることを報告するLINE

「週刊文春」の直撃に「Kは調べたけど、行っていない」と否定していた豊田氏。だが、当のA子さんが2月6日配信の「NEWSポストセブン」で〈言葉にできない、素敵な夜だった〉と認めてしまう。これらの報道を目にした小川アナは――。

「怒りの臨界点を超えました。特に沖縄旅行は昨年10月19日に『23』に復帰した僅か10日後のこと。これで『もう許せない』となって、離婚を決意したのです」(TBS関係者)