昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

財産分与、慰謝料、養育費は?

 ただ、多くのメドレー株を持つ豊田氏の推定資産は現時点で約160億円。離婚成立にあたって、財産分与はどうなったのか。

 フラクタル法律事務所の田村勇人弁護士が解説する。

「過去に一部上場企業のトップで資産約220億円の夫婦が不倫で離婚した際、約11億円の慰謝料請求が認められた例がありました。これを参考にすれば、小川アナは約8億円を請求できる。一方で、もしA子さんに慰謝料を請求した場合は、200万円以下が相場です」

 養育費はと言えば、

「子どもには、親と同水準の生活をさせる義務があります。2人は大卒なので子どもが22歳になるまで養育費を支払うと仮定して、豊田氏の収入から試算した場合、月100万円程度になるでしょう」(同前)

©文藝春秋

 豊田氏に心境などを尋ねたところ、メドレーを通じて以下の回答があった。

「プライベートに関する事柄ですので回答を差し控えます。(A子さんとは)すでに連絡を取り合う関係ではないと承知しております」

 小川アナからは期日までに回答はなかった。

 報道から5カ月。2人は別々の道を歩み始めた。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー