昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

山ほどある請求漏れの悲劇…「病気」でも障害年金を受けられることがあります

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

山ほどある請求漏れの悲劇…「病気」でも障害年金を受けられることがあります

 年齢を重ねると、病気になる可能性は高くなります。シニアライフ世代には、毎日の生活に支障が出るほどの病気がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、障害年金の分野に詳しい社会保険労務士、白石美佐子さん、中川洋子さんにお話を伺いました。

病気の場合は関係ない?

 中川さんは、こう言います。「ご病気で日常生活に大きな支障が出ている方に、私がお伝えしたいのは、『自分を責める前に、少し頑張って障害年金受給の可能性を調べてみてください』ということです」(本記事で紹介する制度などに関する情報は、2021年6月末時点のものです)

 障害年金は、公的年金制度の一つです。「障害」という言葉から「病気の場合は関係ない」と思われがちですが、誰がいつなってもおかしくないような病気(うつ病、脳卒中、糖尿病で人工透析になるケース、心臓のペースメーカーや人工関節の使用、がん、難病など)で日常生活に支障がある場合、その状態によって支給されることがあります。

 「もし、何らかの病気や障害で生活に不安を感じているのであれば、まずは、次の三つの質問だけ、自分に問いかけてみてください。三つの質問の全部にチェックが付いたなら、障害年金受給の可能性があります」(中川さん)

●障害年金受給の可能性チェックリスト

  • □長期(初めて病院を受診した日から1年6か月以上)の持病や障害がある ※1
  • □仕事や生活に支障が出ているので、周りのフォローが必要
  • □65歳未満である ※2

(取材をもとに筆者作成)

※1 1年6か月待たなくても認められるケースもある。
※2 65歳以上でも条件がそろえば受給できることがある。(いずれも調査が必要)

行動しなければ受給できない「請求主義」

 ここで大切なポイントは、「障害年金は請求主義」ということです。自分から「請求をする」という行動を起こさない限り、障害年金の受給はスタートしません。

 前述の三つの質問全部にチェックが付いたのなら、もう少し詳しい条件を確認するために、現実的な手続きを始めることになります。「詳しい条件」「現実的な手続き」と聞くと、面倒だと感じますよね……。ザックリとお伝えしますから、もう少しお付き合いください。