昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「雅子さまのとっさのブルースーツご変更は大成功」天皇陛下のお出ましに“カップルが似合う”理由

「雅子皇后の『おもてなし』」#1

2021/07/23

 7月23日、コロナ下で行われる東京オリンピックの開会式には天皇陛下がお一人で出席し、開会を宣言される。こうした国際舞台でのご活躍について、ジャーナリストの西川恵氏は「皇室は日本の最高のソフトパワーの一つである」と解説した。西川氏が寄稿した「文藝春秋」2019年11月号の記事を転載する。(※日付、年齢、肩書きなどは当時のまま)

(全2回の1回目/後編に続く)

2019年6月、マクロン大統領夫妻と面会された天皇皇后両陛下 ©AFLO

◆ ◆ ◆

雅子さまから色とりどりの花束が届けられた

 今年5月下旬、皇居前にあるパレスホテルに、色とりどりの花を見事にアレンジした花束が、都内の花屋から届けられた。ホテルの担当者は大事そうに受け取ると、それをスイートルームのある上階に運んだ。廊下の前で警備員がチェックすると、花束は部屋の中に運び入れられた。

2019年5月、メラニア夫人と雅子さま 宮内庁提供

 スイートルームの宿泊者は米国のドナルド・トランプ大統領とメラニア夫人。贈り主は雅子皇后だった。花束には封筒が添えられ、5月28日までの3泊4日の日本の滞在が楽しいものになるようにとの心のこもった手紙があった。

 翌6月下旬には大阪のホテルに、やはり色とりどりの花束が届けられた。G20大阪サミットに合わせ実施された「女性のエンパワーメント(地位向上)に関するイベント」に出席するために滞在していたオランダのマキシマ王妃に贈られたのだった。この贈り主も雅子皇后で、やはり心のこもった手紙が添えられていた。

マキシマ王妃 ©AFP/AFLO

 この雅子皇后のおもてなしは美智子上皇后から引き継がれたものだ。上皇后は皇后だったとき、国賓が来日すると必ず直筆の手紙を添えて、バラの花束を宿泊先に届けた。バラの品種は「プリンセス・ミチコ」。雅子皇后は同じバラとはいかないから、花屋にさまざまな花をアレンジしてもらっている。花束は国賓で来日した賓客だけに贈っているが、マキシマ王妃は皇室との交流が長いことも考慮されたのだろう。王妃はこの心遣いを喜ばれ、電話でお礼を述べ、天皇、皇后と近況について話されたそうだ。