昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「欧米にありがちな上から目線ではなく」天皇陛下と雅子さまが“日本のよきイメージ”を体現された“皇室外交”秘話

「雅子皇后の『おもてなし』」#2

2021/07/23

 7月23日、コロナ下で行われる東京オリンピックの開会式には天皇陛下がお一人で出席し、開会を宣言される。こうした国際舞台でのご活躍について、ジャーナリストの西川恵氏は「皇室は日本の最高のソフトパワーの一つである」と解説した。西川氏が寄稿した「文藝春秋」2019年11月号の記事を転載する。(※日付、年齢、肩書きなどは当時のまま)

(全2回の1回目/前編から続く)

天皇皇后両陛下 ©JMPA

◆ ◆ ◆

「即位の礼」に参列する外国の賓客は、米国のペンス副大統領、中国の王岐山副主席、トルコのエルドアン大統領といった首脳のほか、英国のチャールズ皇太子、オランダのウィレム・アレクサンダー国王、ベルギーのフィリップ国王など、皇室が交流をもってきた各王室の顔触れが揃う。

祝宴「饗宴の儀」に臨まれる雅子さま ©共同通信社

 戦後の皇室外交は事実上、上皇と上皇后によって築かれてきた(他の皇族の貢献はもちろん認めた上で)。皇室の家長として昭和天皇は来日する賓客を先頭に立ってもてなされた。しかし年齢や、また戦争発動者としての責任もあって、外国訪問は米国と英国など欧州数カ国にとどまった。この空白を埋めたのが、昭和天皇の名代で各国を訪問された上皇、上皇后だった。ご結婚(1959年)して、平成末期までの約60年間、お二人は体力的、精神的な負担を押して世界を回り、来日する外国の賓客を接遇された。これは政府同士の関係とは異なる位相で国同士の絆を固め、国際社会における日本のよきイメージを高めるのに貢献してきた。

昭和天皇の「大喪の礼」で王族を参列させなかったオランダ

 王室からの参列者の中で目を引くのはオランダのウィレム・アレクサンダー国王だ。昭和天皇の「大喪の礼」の時、オランダ政府はファン・デン・ブルック外相を参列させた。欧州の王室で、王族を参列させなかったのはオランダだけだった。

オランダのアレキサンダー国王とマキシマ王妃

 これにはオランダの厳しい対日世論があった。大戦中、日本軍は占領した蘭領インドネシアで、オランダの民間人、軍人を強制収容所に入れ、栄養失調や暴行で多数の人が亡くなった。戦後、皇室とオランダ王室は親密な関係を築いたが、オランダ人の引き揚げ者の間には日本への恨みが深く残った。「大喪の礼」の時には、使節を送らないように求める反日デモが起きた。ベアトリックス女王(当時)は事前に明仁天皇、美智子皇后に電話で「私は列席したいが、両国のためには出ない方がいいと判断しました」と伝えている。翌90年の「即位の礼」には自分の名代で現国王のウィレム・アレクサンダー皇太子を参列させたが、女王自身は参列を控えた。

 その後、91年に同女王が国賓で来日、00年には明仁天皇、美智子皇后が国賓でオランダを訪問されるなかで、両国政府の間で多様な策が打ち出され、オランダの対日世論は大きく改善した。ウィレム・アレクサンダー国王の参列は、30年前には王族どころか首相さえも送れなかったオランダの世論の大きな変化を物語る。