昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1人になりたい…鈴木保奈美が我慢の限界だった石橋貴明の“モラハラ”

 7月16日、ユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」で離婚を発表した石橋貴明(59)と鈴木保奈美(54)。

「週刊文春」が昨年11月、鈴木の「個人事務所設立」と離婚の可能性を報じてから8カ月を経ての「決着」だった。

◆ ◆ ◆

鈴木保奈美と石橋貴明

“おひとりさま”人生への準備

 昨秋、同事務所の取締役に名を連ねる鈴木の母親は、「週刊文春」に「(不仲は)聞いてない。二十何年も一緒にいれば飽きるかもしれない(笑)」と語っていた。今回改めて訊ねると、

「(発表の)直前に娘から報告を受けました。でも、詳しいことはよく分からない」

 引き続き石橋が代表を務める事務所には留まるという鈴木だが、都内の一等地に億ションを購入するなど、着々と“おひとりさま”人生への準備を進めていた。

保奈美は「3年ほど美容院に行く間もなかった」

「離婚は鈴木さんの意思で、3年ほど前から計画していたといいます。随分前から危機が囁かれていましたが、それでも末の娘が高校を卒業するまで夫婦関係を全うし、別れた。末娘の卒業式には夫婦揃って出席していました」(芸能記者)

 1998年に結婚した2人。互いに再婚だった。結婚とともに鈴木は芸能界を引退。99年に長女、2000年に次女、02年に三女をもうけた。

1998年の結婚会見

「子煩悩なタカさんがオムツを替えてくれることもあったそうですが、当時、彼は超多忙で、かつ連日飲み歩いていた。一方、鈴木さんは年の近い3人の子供の育児に追われ、『3年ほど美容院に行く間もなかった』と話していました」(テレビ局関係者)