昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「まん防破り飲酒」穴見陽一議員 ”1年で1000万円は使った”30代愛人と“手切れ金”騒動

「週刊文春」の取材で“掟破り飲酒”が発覚した、自民党の穴見陽一衆院議員(51)。そしてこの“魔の3回生”には、ある女性トラブルも浮上していて――。

◆ ◆ ◆

計5人の飲酒を伴う会食に批判が殺到

 穴見氏は7月8日、都内飲食店で3時間にわたり、外食産業首脳ら計5人で飲酒を伴う会食を開催。まん延防止等重点措置の要請を逸脱した行為に、批判が殺到した。

「ただ離党せず、役職停止という軽い処分に終わった。政界引退を表明している穴見議員にとってはノーダメージでしょう」(党関係者)

議員の期間は秋の衆院選まで

 そう、穴見氏は19年5月、次期衆院選への不出馬を表明していたのだ。任期を2年半残しての“引退宣言”は誰もが首を傾げた。一体、穴見氏とは何者か。

ジョイフルの会長という顔も。政界有数の資産家

「公募で2009年の衆院選・大分1区に立候補するも落選。2度目の挑戦で12年、初当選した安倍チルドレンです」(政治部記者)

 レストランチェーン・ジョイフルの会長という顔も持ち、政界有数の資産家だ。17年には約8200万円の所得があり(5位)、保有する自社株は約7億円相当。妻のくるみ氏が、ジョイフルの社長を務める。

穴見氏が会長のジョイフル

「大分市出身で、政界に出る夫に代わり、12年にジョイフル社長に就きました。3人の子供を持ち、4月には聖火リレーのランナーを務めた」(地元県議)

 だが穴見氏には、妻に言えない秘密が――。