昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“日本最大級”の子育て情報サイト代表が“32歳ママ”を不倫ポイ捨て

「罪悪感はありました……。私から何度も別れたいと伝えましたが、ダラダラと関係が続いてしまった」

 意を決して告白するのはショートカットが似合う柴咲コウ似のA子さん(32)。1児のママでもある彼女と不倫関係を持ち続けた挙句、自分勝手に別れを告げた男性とは――。

◆ ◆ ◆

“日本最大級”の子育て情報サイト「リトル・ママ」とは?

 毎月40万部の無料育児情報誌を発行、ウェブメディアでは約10万人の会員を持ち“日本最大級”の子育て情報サイトと謳(うた)う「リトル・ママ」。「ママと子どもの明日を応援」を経営理念に掲げ、ママたちの交流イベントを開けば年間約15万人を動員するという。

写真はイメージ ©iStock

 その「リトル・ママ」を運営するエンファム社の代表取締役社長が森光太郎氏(48)だ。

 福岡市出身の森氏は日本大学を卒業後、ジュエリー会社に就職したが1年で退社。その後、福岡市の広告代理店に入社し、育児関連のチラシを制作するため100カ所以上の幼稚園、保育園を回ったという。

 01年に29歳で起業し、翌年に「リトル・ママ」を創刊した森氏。そのきっかけをこう語っている。

デート中に頬を寄せ合う2人

「子供たちの厳しい現実を見て、両親が別居・離婚し涙を流した子供の頃を思い出し暗い気持ちになりました。(中略)そこで育児に関わる仕事は非常に意義があると感じたのです」(「週刊エコノミスト」2019年6月25日号)

スマートな森氏の“裏の顔”

 昨年12月には「子育て応援アイドル」を結成してプロデュース。2年後の上場を目指すという会社経営の傍ら、福岡の情報番組でコメンテーターを務めたり、起業や育児について学校や企業で講演するなど幅広く活動している。

「趣味はジョギングとゴルフ。ポール・スチュアートのスーツをいつもスマートに着こなしています」(知人)

 だが、そんな彼には“別の顔”が――。

 A子さんが打ち明ける。

「森さんと出会ったのは17年末頃、異業種交流会の場でした。やがて食事をしてビジネスの情報交換をする仲に。ところが18年10月、ディナーを終えた後に突然手を握られ、キスされたのです。その1カ月後から肉体関係が始まりました」